LMspencer / Shutterstock.com

北朝鮮崩壊後の危機に備えよ
―― 飢饉と難民流出を回避するには

ジョーンバム・バエ(ホバート&ウィリアム・スミスカレッジ 客員アシスタント・プロフェッサー)
アンドリュー・ナチオス(テキサスA&M大学 教授)

Preventing a Post-Collapse Crisis in North Korea: How to Avoid Famine and Mass Migration

Joonbum Bae ホバート&ウィリアム・スミスカレッジ客員アシスタント・プロフェッサー。Andrew Natsios テキサスA&M大学 教授 スコークロフト国際関係研究所所長。

2018年3月号掲載論文

北朝鮮の体制崩壊は、北朝鮮民衆が25年にわたって耐えてきた慢性的な食糧不足を一気に悪化させ、感染病や公衆衛生上の問題をさらに深刻にするはずだ。これによって、大規模な北朝鮮難民が中国に押し寄せる危険が生じる。このシナリオを回避するには、米韓は北朝鮮に食糧を供給し、北朝鮮民衆が中国との国境地帯に向かうのではなく、国内に留まるように仕向ける必要がある。そのためには食糧や医療物資を迅速に届け、感染症による犠牲を引きおこす汚染水対策をとる必要がある。治安を安定させ、人道支援団体の安全を確保し、食糧・医療物資を人々に届けるには、北朝鮮内に11万5000人から40万人の部隊を展開させる必要がある。問題は、38度線以北での米・韓国軍の活動が必要になるこのミッションを、中国が受け入れるかどうかだ。

  • 体制崩壊が引きおこす危機
  • いかに人道支援を試みるか
  • 民間の試み

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

(C) Copyright 2018 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top