JenJ Ivary / Shutterstock.com

中国の台湾侵攻は近い
―― 現実味を帯びてきた武力行使リスク

オリアナ・スカイラー・マストロ   スタンフォード大学国際関係研究所 センターフェロー

The Taiwan Temptation Why Beijing Might Resort to Force

Oriana Skylar Mastro スタンフォード大学フリーマン ・スポグリ国際問題研究所センターフェローで、アメリカン・エンタープライズ・インスティテュートのシニアフェロー(非常勤) フォーリン・アフェアーズでは、「日韓対立と中国の立場―― 東アジア秩序の流動化の始まり?」(2019年10月号)などを発表している。

2021年7月号掲載論文

この数カ月、北京が平和的な台湾アプローチを見直し、武力による統一を考えていることを示唆する不穏な動きがある。「アメリカが台湾有事に介入してきても、状況を制することができる」と考えられている。かつては台湾への軍事作戦など現実的オプションではないと考えていた中国政府も、いまや、それを現実の可能性として捉えている。習近平は台湾問題を解決するという野心を明らかにし、武力統一というオプションへの中国市民と軍指導層の支持も強化されている。この30年で初めて、ほぼ1世紀にわたる内戦を決着させるために中国が軍事力を行使する可能性を真剣に憂慮すべき環境にある。

  • 台湾攻略の機は熟した?
  • 高まる強硬論
  • 四つの侵略シナリオ
  • どのように動くか
  • 国際社会はどう動くか
  • 欧州とアジアの立場
  • 拒否的抑止

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

(C) Copyright 2021 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top