Focal Points

Ververidis Vasilis / Shutterstock.com

2018.9.13 Thu

何がプーチンの対外戦略を動かしているか?
―― サイバー攻撃、国内政治、対米関係

もしアメリカとの関係が悪化すれば、ロシアはウクライナで学んだ教訓を生かした対米サーバー攻撃を決意するかもしれない。トランプがプーチンと築いた親密な関係に評価すべき点があるとすれば、アメリカが電力網をはじめとする重要インフラをロシアのサイバー攻撃から保護するための貴重な時間を稼いだことだ。この時間を浪費してはならない。(ネイク)

欧米の主要国はモスクワとの対立を、サイバー戦争、選挙介入、NATOの統合性など自らにとって重大な問題に限定すべきだろう。見せかけの強さを誇示して、ロシアを抑止しようと試みるべきではない。ロシアの政治家たちにとって、欧米の要求に屈すれば、国内で重大な代償を払うことになる。要求に譲歩するとすれば、それは最後の手段だ。(キメージ)

アメリカ人は、外交上の問題があれば、それを是正しようと、(故障を直そうとする)エンジニアのような動きをみせる傾向がある。だがこのメンタリティはプーチンのロシアには通用しなかったし、同じことをしても、失敗を繰り返すだけだ。未来の政権は、前任者たちよりも、もっとうまくロシアの民主化を促し、欧米に統合していかなければならない。これまでの政治家とその決定が現在の対立状況を作り出している。これまでとは違う決定を下す、新しい政治家なら、この状況を終わらせることができるだろう。(マクフォール)

2018年9月号レビュー

論文データベース

カスタマーサービス

平日10:00〜17:00

  • FAX03-5815-7153
  • general@foreignaffairsj.co.jp

Page Top