Alessia Pierdomenico / Shutterstock.com

サイバー攻撃から米インフラを守るには
―― ロシアのサイバー攻撃に備えよ

ロバート・ネイク 米外交問題評議会 シニアフェロー(サイバー政策担当)

The Next Cyber Battleground
Defending the U.S. Power Grid From Russian Hacker

Robert K. Knake 米外交問題評議会 シニアフェロー(サイバー政策担当)

2018年9月号掲載論文

情報機関やセキュリティ企業は、ドイツの製鋼所のネットワークシステムへの侵入、90万人のドイツ人が影響を受けた電話回線とインターネットサービスの切断だけでなく、ウクライナで発生した2度の停電にも、ロシアのハッカーが関与していたとみている。2016年大統領選挙へのロシアの介入からワシントンが学ぶべき教訓は、アメリカの(中間)選挙を守ることだけではないだろう。ロシアがサイバースペースを使って旧ソ連諸国に仕掛けている攻撃を、ワシントンはアメリカを待ち受けている未来への警鐘と捉えるべきだ。実際、ウクライナに対するロシアのサイバー攻撃は単なる実験で、相手国の電力網の遮断でロシアが戦略的あるいは戦術的優位を得ることに備えた演習にすぎなかった可能性がある。・・・

  • 何に備えるか
  • 攻撃の真意は何だったのか
  • アメリカの脆弱性
  • 電力網を守るには

(C) Copyright 2018 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top