Focal Points

2018.11.30 Fri

<2018年12月号プレビュー>
中東に迫り来る巨大な嵐、民主国家で台頭する二つの権威主義、ほか

中東諸国は、石油の富を安定した雇用、教育、医療に充当し、政治指導者はその見返りに民衆の政治的服従を手に入れた。しかし、原油の低価格化トレンドゆえに、これまでの社会契約はもはや持続できない。指導者たちが有意義な改革を実施しなければ、中東各国で、かつてない規模の社会騒乱が起きることになる。(ムアシャー)

民主主義が劣化していくにつれて、権威主義化していく。特に、選挙で勝利を手にするためなら何でもする「選挙権威主義」体制、そして選挙後に支配者が法を無視して思うままの行動をとるようになる「非自由主義的民主主義」が主流になっていくだろう。(権力を思うままに行使して)非自由主義的民主主義を実践しているトランプも同様だ。・・・(スレーター)

専門家の多くは、米中核戦争はあり得ないと考えているが、そう思い込むのは考えものだ。最大の問題は、中国が通常戦力と核戦力を渾然一体として配備しているために、通常戦力だけを叩くのが難しいことにある。・・・北京が、アメリカの意図に関する解釈を大きく見直したときに大きな危険が待ち受けている。(タルマージ)

2018年12月号プレビュー

論文データベース

カスタマーサービス

平日10:00〜17:00

  • FAX03-5815-7153
  • general@foreignaffairsj.co.jp

Page Top