Marius Dobilas / Shutterstock.com

人的資本投資と経済成長
―― 教育・医療への投資がなぜ必要か

ジム・ヨン・キム 世界銀行総裁

The Human Capital Gap
Getting Governments to Invest in People

Jim Yong Kim 世界銀行総裁

2018年8月号掲載論文

教育と医療への人的資本投資を怠れば、労働生産性と国の競争力は大きく損なわれる。学校教育を1年多く受けると、平均して約10%収入が増加する。教育の質も関係してくる。例えば、アメリカでは、小学校のクラス担任を質の低い教員から平均的教員に替えると、生徒たちの生涯収入の合計は25万ドル増加する。重要なのは客観的基準をもつことだ。現状を客観的に測定する人的投資の指標を世界銀行が提供すれば、必要とされる改革が何であるかについての思いを共有できるようになる。優先順位もはっきりしてくるし、様々な政策に関する有益な議論が起き、透明性も強化される。人的資本に適切に投資できなければ、人類の進化と連帯にとって、あまりにも大きなコストが生じることになる。

  • 人への投資
  • 教育への投資
  • 対策を促す指標
  • 計測すること、ランキングの価値
  • 21世紀に向けた人的資本投資を

(C) Copyright 2018 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top