iStock.com/winkelair

平等と格差の社会思想史
―― 労働運動からドラッカー、そしてシュンペーターへ

ピエール・ロザンヴァロン コレージュ・ド・フランス教授(政治史)

How to Create a Society of Equals

Pierre Rosanballon コレージュ・ド・フランス教授(政治史)。社会科学高等研究院の研究ディレクター。最近の著書にSociety of Equals がある。

2016年2月号掲載論文

多くの人は貧困関連の社会統計や極端な貧困のケースを前に驚愕し、格差の現状を嘆きつつも、「ダイナミックな経済システムのなかで所得格差が生じるのは避けられない」と考えている。要するに、目に余る格差に対して道義的な反感を示しつつも、格差是正に向けた理論的基盤への確固たるコンセンサスは存在しない。だが、20世紀初頭から中盤にかけては、そうしたコンセンサスがなかったにも関わらず、一連の社会保障政策が導入され、格差は大きく縮小した。これは、政治指導者たちが、共産主義革命に象徴される社会革命運動を警戒したからだった。だが、冷戦が終わり、平和の時代が続くと、市民の国家コミュニティへの帰属意識も薄れ、福祉国家は深刻な危機の時代を迎えた。財政的理由からだけでなく、個人の責任が社会生活を規定する要因として復活し、ドラッカーから再びシュンペーターの時代へと移行するなかで、社会的危機という概念そのものが形骸化している。・・・

  • 格差と社会保障、そして格差の増大
  • 何が平等の時代をもたらしたか
  • 形骸化した格差是正の思想と枠組み
  • 社会的同質性と機会の平等
  • 民主的平等のための三つの原則

 

<格差と社会保障、そして格差の増大>

近年では、先進国における格差はもはや許容できないレベルに達していると一般に考えられており、拡大する格差に関する議論が熱く展開されている。しかし、格差を是正しようとする動きは殆どなく、格差のタイプ、それがどのように作り出されるかについては、暗黙の了解さえある。不満が広くもたれているにもかかわらず、それを是正していこうとする積極的な動きはない。

これを「ボシュエのパラドックス」と呼べるかもしれない。17世紀の神学者、ジャック=ベニーニュ・ボシュエは「結果を引き起こす原因を認めておきながら、その帰結に不満を抱く者を神は笑われるだろう」と指摘した。

人々は、貧困関連の社会統計や極端な貧困のケースを前に驚愕し、格差の現状を嘆くが、個人の選択や環境の結果、人々の生活レベルにバラツキが出ることについてはこれを受け入れることが多い。「格差に対するイメージと不公正に対する感情」をテーマにフランスで実施された最近の世論調査によれば、回答者の90%が「所得格差をより小さくすべきだ」と答え、これを上回る比率の人が「(教育、食事、医療、社会的保護などの)基本的必要性を全ての人に提供する公正な社会が必要だ」と答えている。だが一方で、57%が「ダイナミックな経済システムのなかで所得格差が生じるのは避けられない」と答え、85%が「個人の能力に応じて所得が決まり、結果的に所得レベルに違いが出るのは仕方がない」と答えている。

この調査結果は、目に余る格差に対して多くの人が道義的な反感を示しつつも、格差是正に向けた理論的基盤への確固たるコンセンサスが存在しないことを物語っている。

明確なコンセンサスが存在しない以上、この問題に打つ手はなく、(政治的・経済的な)対策がとられることはないと考える者もいるかもしれない。

しかし、20世紀の初頭と中盤以降の数十年で、ヨーロッパ政府は、その必要性に関する明確なコンセンサスがなかったにも関わらず、格差を劇的に減らすことに成功している。当時の政策は、改革を実施しなければ社会的・政治的混乱が生じることに対する恐れ、二つの世界大戦の余波への対応、そして自分の運命と境遇を自己責任とみなす信条の希薄化という三つの要因に導かれていた。これらの目的から社会保障政策、最低労働賃金法、福祉国家体制、累進課税制度が導入され、社会と経済はより平等主義的な方向へと向かっていった。

しかし、この数十年でこれら三つの要因は消失し、平等主義的な公共政策への支持も低下した。したがって、拡大する格差を懸念し、この問題に対処していくべきだと考える人は、その試みを正当化する概念のための理論を新たに形作る必要がある。

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

(C) Copyright 2016 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top