Focal Points

iStock.com/Anthony Baggett

2016.05.12 Thu

デジタル時代の外交
―― 外交官に残された役割とは

大使館がなくなれば、現地の情勢や鍵を握る人物が誰であるかを知る外交官も、自国の市民が外国で窮地に陥ったときに手を差し伸べる領事館の職員もいなくなる。だがそれでも今後、大使館の運命は「より機敏に状況に対応できるようになれるか、流動化するグローバル情勢により適応に対応できるようになれるか」に左右される。(オリヴァー)

世界政治は、トランスナショナルなアイデンティティ、デジタル空間でのつながり、大量破壊兵器、グローバルなテロネットワークなど、ウエストファリアモデルとはなじみの悪い様々の要因によってひどく複雑になっている。だが、大国間関係を管理することが極めて重要だとみなすキッシンジャーの立場は間違っていない。(イッシンガー)

問題は、国家を代弁するのとは異なる次元で活動する多種多様な単位が登場したり、本来国家とは呼びえない資質しかもたない政治単位が国家として対外的に活動していることだ。この外交の混乱をうまく整理し、それぞれに適切な役回りを与えるルールを確率させることこそ急務であろう。(ケナン)

5月号から

論文データベース

カスタマーサービス

平日10:00〜17:00

  • FAX03-5815-7153
  • general@foreignaffairsj.co.jp

Page Top