Fotosr52 / Shutterstock.com

プーチン主義というイデオロギー
―― 侮れない思想の力と米ロ関係の未来

マイケル・マクフォール  元駐ロシア米大使

How to Contain Putin’s Russia
A Strategy for Countering a Rising Revisionist Power

Michael McFaul スタンフード大学フーヴァー研究所シニアフェロー、フリーマン・スポグリ国際研究所ディレクター。2012年から2014年まで駐ロシア米大使を務めた。著書にFrom Cold War to Hot Peace:An American Ambassador in Putin’s Russia(冷たい戦争から熱い平和へープーチンとオバマ、トランプの米ロ外交)がある。フォーリン・アフェアーズでは、「米ロ関係の真実―― 何も期待できない理由」(2018年8月号)などを発表している。

2021年3月号掲載論文

ロシアに関するアメリカの考えはミスパーセプションによって歪んでいる。専門家の多くは、例えば、ロシアは衰退途上国家だと誤解している。現実には、ほとんどの米市民が考えるよりもはるかに強大な軍事、サイバー、経済、イデオロギー領域のパワーをもつ、世界有数の強国の一つとしてロシアは再浮上している。事実、プーチン主義はヨーロッパだけでなく、アメリカでも新たな支持者を獲得しつつある。ワシントンは、あまりにも長い間、米ロ間競争のこのようなイデオロギー的側面を軽視してきた。ワシントンは、ロシア社会全体との結びつきを深めながらも、プーチンのイデオロギー・プロジェクトに対抗していく必要がある。

  • 封じ込めとエンゲージメントのバランス
  • 曖昧な考え
  • 国内的対ロ封じ込め
  • 外国でのロシア封じ込め
  • メディア対策
  • 何を交渉すべきか
  • プーチン後に向けて

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

(C) Copyright 2021 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top