Stratos Brilakis / Shutterstock.com

カルト集団とポスト真実の政治
―― アメリカの政治的衰退

フランシス・フクヤマ  スタンフォード大学 「民主主義・開発・法の支配」センター所長

Rotten to the Core?
How America’s Political Decay Accelerated During the Trump Era

Francis Fukuyama アメリカの政治学者、思想家。現在は、スタンフォード大学民主主義・開発・法の支配センター所長。『歴史の終わり』の著者。最近の著書にPolitical Order and Political Decay(政治秩序と政治的衰退)がある。フォーリン・アフェアーズでは、「パンデミックと政治―― 何が対応と結果を分けたのか」(2020年7月号)、「ビッグテックが民主主義を脅かす―― 情報の独占と操作を阻止するには」(2021年2月号)などを発表している。

2021年3月号掲載論文

ソーシャルメディアは民主的議論の前提となる共通の事実認識さえ消滅させてしまった。実際、共和党員の77%が2020年の米大統領選挙で大きな不正があったと考え、4分の1近くが、Qアノンが主張する異様な陰謀論を信じている。しかも、民主党、共和党の政策の違いをめぐる対立が、文化的アイデンティティをめぐる分断線として硬直化している。そして、共和党はもはやアイデアや政策に基づく政党ではなく、カルト集団のような存在と化してしまった。大きな不確実性は、今後、共和党内で何が起きるかにある。共和党の主流派が権限を再確立するのか、それともトランプが基盤を維持するのか。

  • ポスト真実と文化対立
  • 不可解な違い
  • 政党からカルト集団へ
  • 党利党略

(C) Copyright 2021 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top