sebastorg / Shutterstock.com

ベネズエラ難民危機とラテンアメリカ
―― 移民ではなく、難民と呼ぶべき理由

ダニー・バハール ブルッキングス研究所フェロー

Latin America Is Facing a Refugee Crisis
Why It Matters That We Call Fleeing Venezuelans Refugees, Not Migrants

Dany Bahar ブルッキングス研究所フェロー(国際経済・開発)。ハーバード大学国際開発センターフェローのアソシエート。

2019年1月号掲載論文

歴史的にベネズエラは移民に開放的な国だった。戦後にこの国にやってきた多くはイタリア、スペイン、ポルトガルからの移民だったが、この他にも、ドイツや東欧からの移民、さらには中東からの移民もいた。1970年代半ばにベネズエラ経済がブームに沸き返ると、近隣諸国からの移民も押し寄せた。だが、皮肉にも、チャベスとマドゥロが、かつては繁栄していたこの国で壊滅的政策をとった結果、かつて移住してきた外国人のほとんどは、その子孫たちとともにすでに国外へ流出している。問題は彼らが近隣諸国で必ずしも歓迎されていないことだ。他の難民たちと同様に、ベネズエラから逃れてきた人々が、命を守るために国を逃れてきた難民たちであることを忘れてはいけない。彼らを難民として認識すれば、そこにあるのがもはや無視できない現実であることが理解できるはずだ。

  • 国外へ流出する市民たち
  • 移民大国ベネズエラ
  • 移民か難民か

(C) Copyright 2019 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top