Kremlin.ru

中ロによる民主国家切り崩し策
―― 台頭する権威主義モデルと追い込まれた欧米

アンドレア・ケンドール=テイラー 新アメリカ安全保障センター シニアフェロー
デビッド・シュルマン 国際リパブリカン研究所 シニアアドバイザー

How Russia and China Undermine Democracy
Can the West Counter the Threat?

Andrea Kendall-Taylor 新アメリカ安全保障センター シニアフェロー(非常勤)。専門は権威主義の政治的ダイナミズム、政治的安定、民主化など。
David Shullman 国際リパブリカン研究所 シニアアドバイザー

2018年11月号掲載論文

民主主義を切り崩していけば、欧米の影響力低下というトレンドを加速し、ロシアと中国の地政学的目標を促進できる。これが、中ロが共有している中核ビジョンだ。自国のパワーをアメリカのそれと比較して相対的に捉えるモスクワと北京は、欧米民主国家を衰退させれば、自国の国際的な地位向上につながると考えている。ロシアが民主体制を様々な方法で混乱させ、切り崩す一方で、中国が欧米民主主義の代替モデルを示し、困難な状況にある国に援助や投資を提供することで、弱体な民主国家が欧米から離れていく環境が作り出されている。これが侮りがたい権威主義モデル台頭の潮流を作り出しつつある。

  • 何がパワーの強化につながるか
  • 相互補強的な中ロの脅威
  • 対抗策はあるか

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

(C) Copyright 2018 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top