Andrey_Kuzmin / Shutterstock.com

米欧関係に生じた大きな亀裂
―― 金融自立と新同盟を模索するヨーロッパ

ソーステン・ベナー 独グローバル公共政策研究所 ディレクター

Europe’s Quest for Financial Independence
Brussels Will Find it Hard to Defy Washington—But It Has to Try

Thorsten Benner 独グローバル公共政策研究所 ディレクター

2018年10月号掲載論文

アメリカの金融システムは、もはや公共財ではなく、ワシントンが他国を従わせるために一方的に振り回す地政学的ツールにされていると各国が考えるようになれば、それに翻弄されるのを防ぐ措置をとるようになる。既に、ヨーロッパはアメリカの金融覇権に挑戦することを決断している。外交領域も例外ではない。ドイツ外相は「既存のルールを守り、必要な場合には新ルールを導入し、各国の目の前で国際法が踏みにじられる事態に対しては連帯を示す有志同盟」の形成を明確にイメージし、既にカナダや日本に接触している。現状では、失敗を運命づけられている試みなのかもしれない。しかし、敵意あふれる世界で自分たちの立場を守っていくつもりなら、「自立」と「新しい同盟」が、ヨーロッパが取り得る唯一の賢明な方策かもしれない。

  • 自立したヨーロッパへ
  • 独立した決済システムを
  • 多国間主義の有志同盟は形成されるか
  • ヨーロッパの運命

(C) Copyright 2018 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top