ID1974 / Shutterstock, Inc.

民主的安定という かつてない時代の終わり
―― 非自由主義的代替モデルとトランプの台頭

ヤシャ・モンク ハーバード大学講師(政治理論)

End-Times for Liberal Democracy?

Yascha Mounk ハーバード大学講師(政治理論)。これまでにフォーリン・アフェアーズ・リポートで「問われるヨーロッパの自画像―ユダヤ人とイスラム教徒」、「欧米の政治危機とポピュリズムの台頭―生活レベルの停滞と国家アイデンティティ危機」等の論文を発表している。

2017年2月号掲載論文

われわれは新しい時代へのシフト、つまり、この半世紀にわたってわれわれが当然視するようになった民主的安定という、かつてない時代の終わりの始まりを目の当たりにしているのかもしれない。これまでと違うのは民主主義に対する代替モデルが生まれていることだ。プーチンは、すでに他国が模倣できるような「非自由主義的な民主主義モデル」を確立している。つまり、リベラルな民主主義は、1930年代のファシズム、1950年代の共産主義のような、イデオロギー上のライバルに再び直面している。しかも、トランプ大統領の誕生で、この半世紀で初めて、世界でもっともパワフルな国が、リベラルな民主的価値の促進や世界のリベラルな民主国家を脅威から守ることにコミットしなくなる恐れがある。・・・

  • 何が民主的安定を突き崩したのか
  • なぜポピュリズムが大きな流れを作り出したか
  • 民主主義の危機
  • プーチンVS.メルケル

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします(クレジットカード決済ですとリアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます)。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、ご入金確認後にご覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

(C) Copyright 2017 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top