360b / Shutterstock, Inc.

政治的サイバー攻撃の次なるターゲット
―― 「コンプロマート」からヨーロッパを守るには

ソーステン・ベナー 独グローバル公共政策研究所 共同設立者
ミルコ・ホーマン 同研究所プロジェクトマネジャー

Europe in Russia’s Digital Cross Hairs ―― What’s Next for France and Germany and How to Deal With It

Thorsten Benner 独グローバル公共政策研究所 共同設立者、 Mirko Hohmann 同研究所プロジェクトマネジャー。

2017年2月号掲載論文

2016年の米大統領選挙へのロシアの介入は、明らかにドナルド・トランプを利することを目的にしていた。2017年、ともに選挙を控えている独仏は、アメリカのケースを検証し、周到な対策をとってロシアのデジタル攻撃に備えるべきだ。現状ではフランスもドイツもそうした攻撃への備えができていない。ロシアの「コンプロマート(不名誉な情報)」オペレーションは必ずしも特定候補に有利な環境を作り出すことが目的ではない。むしろ、選挙プロセスを混乱させ、民主的政府の名声を汚すことで、民主的な規範や制度への信頼を失墜させ、(欧米が批判してきた)ロシアの道徳的基準と欧米のそれが大差ないことを示すことが狙いだ。欧米は長期にわたってロシアを包囲し、その基盤を揺るがそうとしてきたとモスクワは考えており、彼らにしてみれば、欧米の民主的制度に対する攻撃はその報復なのだ。・・・

  • 次のターゲットは欧州か
  • コンプロマート
  • いかにハッカーたちは情報にアクセスしたか
  • ヨーロッパは何を学べるか
  • モスクワに代価を支払わせる

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします(クレジットカード決済ですとリアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます)。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、ご入金確認後にご覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

(C) Copyright 2017 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top