Focal Points

Natig Sharifov / White House Photo

2017.11.22 Wed

中韓の関係修復と米韓関係
―― ミサイルと経済制裁と対米バランス

なぜ韓国政府は対中和解を模索したのか。THAAD導入によって(中国の経済制裁の対象にされ)大きな経済的損失が出ていることについては国内で大きな批判があり、中国とのより緊密な関係を求める圧力も高まっていることに配慮したのかもしれない。トランプの無責任な北朝鮮挑発路線を前に、中国との距離を狭め、アメリカから距離を置こうとしたのかもしれない。だがワシントンにとっては、中国との二国間関係の改善を通じた短期的利益のために、韓国が未来の安全保障上のオプションを閉ざしてしまうとすれば、懸念すべき事態だ。・・・(グレーサー、コリンズ)

韓国は追い込まれている。文在寅は北朝鮮とアメリカ、双方の戦略に巻き込まれるのを回避しようと、両国に対して今後さらに自国の立場を明確に主張していくつもりかもしれない。韓国の安全を守るためのTHAAD配備に反発する中国には、実質的な経済制裁の対象にさえされている。韓国の大統領にとって現状における最大の課題は、アメリカの戦術核の再配備、あるいは独自の核開発をつうじて国を核兵器で守ることを求める国内の声にどのように対処していくかだろう。・・・(ムーン)

北朝鮮が日韓の原子力施設を攻撃すれば、何が起きるか。原子炉が攻撃され、炉心や使用済み核燃料のプールにダメージが及べば、原子炉は、殺戮兵器ではないにしても、実質的にテロ攻撃や大量破壊兵器と同じ作用をする。日韓はアメリカとともに防衛計画をまとめていく上で、原子力発電施設の脆弱性を無視してはならない。・・・(ランバーグ)

2017年11月号

論文データベース

カスタマーサービス

平日10:00〜17:00

  • FAX03-5815-7153
  • general@foreignaffairsj.co.jp

Page Top