Orhan Cam / Shutterstock.com

権威主義の黄昏
―― 民主主義は復活する

マデレーン・オルブライト  元米国務長官

The Coming Democratic Revival America’s Opportunity to Lead the Fight Against Authoritarianism

Madeleine K. Albright オルブライト・ストーンブリッジ・グループ会長。米国務長官(1997―2001年)、米国連大使(1993―1997年)などを歴任。チェコスロバキアに生まれ、1950年にアメリカに移住した。

2022年1月号掲載論文

近年、中ロを含む権威主義国家の指導者の一部が力をもつようになったのは事実だが、その多くは、自らの約束をすでに実現できなくなっている。透明性の欠如や弱いものいじめ的なやり方ゆえに、中国を友好国とみなす国はもはや存在しない。ロシアの現政権も腐敗し、信頼できず、終演に近づくワンマンショーとみなされている。一方、民主主義の優れた財産とは、あらゆる人々に最善を尽くすことを求め、人権、個人の自由、そして社会的責任を尊重することを基盤にしていることだ。これに対して、独裁者が民衆に求めるのは服従だけだし、それが人々を鼓舞することはない。しかも、独裁者の多くはいまや自らの約束を実現できなくなり、民衆の不満は高まっている、民主主義の大義が死滅しつつあるわけではない。カムバックしつつある。

  • 民主主義の大義
  • 権威主義の凋落
  • 権威主義の衰退
  • アメリカのチャンス
  • 適切にメッセージを届ける
  • 行動を起こすタイミングは今

(C) Copyright 2022 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top