Matt Gush / Shutterstock.com

気候変動と生物多様性の二重危機
―― 「プラネタリー政治」の必要性

スチュワート・M・パトリック  米外交問題評議会シニアフェロー グローバルガバナンス担当

The International Order Isn’t Ready for the Climate Crisis The Case for a New Planetary Politics

Stewart M. Patrick 米外交問題評議会シニアフェロー(グローバルガバナンス)。

2021年11月号掲載論文

われわれが地球という惑星を食い物にしてきたために、人類の生存が危険にさらされている。化石燃料に依存し続け、天然資源を貪欲にむさぼり続けた結果、手に負えない気候変動問題が引き起こされ、死活的に重要なエコシステムが劣化し、地球のバイオスフィアーは破綻しつつある。今こそ、地球をかけがえのない存在と認めて、エコロジカルなリアリズムから、地球環境上の脅威に対処していく国際協調を世界アジェンダの中枢に据えなければならない。新しい国際的なアプローチで、政治と自然界の距離を縮めていく必要がある。必要とされているのは「プラネタリー政治」、地球という惑星を守るための政治だ。

  • 環境対策のためのプラネタリー政治を
  • 最善の利益のために
  • 世界的環境対策と主権概念
  • 地球の価値
  • 今後の道
  • 二つの地図

(C) Copyright 2021 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top