R. Bociaga / Shutterstock.com

再生可能エネルギーの新地政学
―― シーレーンから多国籍グリッドへ

エイミー・マイヤーズ・ジャッフェ タフツ大学 フレッチャー・スクール 研究教授

Electricity Is the New Oil A U.S. Strategy for the Post-Hydrocarbon World

Amy Myers Jaffe タフツ大学フレッチャー・スクール研究教授。最近の著書に、Energy's Digital Future: Harnessing Innovation for American Resilience and National Security (Center on Global Energy Policy)がある。フォーリン・アフェアーズでは、「ウイルスとエネルギー市場ショック―― 冷え込む需要とエネルギー価格の低下」(2020年4月号)などを発表している。

2021年8月号掲載論文

ランサムウェア攻撃でアメリカ最大のパイプラインの一つが2021年5月に閉鎖に追い込まれる事件が起きた。遠く離れた場所の得体のしれぬ勢力が遂行した(重要な国内インフラを対象とする)複雑なデジタル攻撃は今後の脅威を予兆している。(再生可能エネルギーによる)電力が世界のエネルギーシステムでのプレゼンスを拡大していくにつれて、より多くのインフラがサイバー攻撃にさらされるようになるだろう。グリッドが大きくなると、保護を必要とするインフラが巨大になり、ハッカーが侵入する機会が増えるからだ。例えば、(電力インフラをターゲットにする)サイバー空間での活動を規制する国際ルールの確立を主導するのは、冷戦期における核軍備管理合意と同じくらい重要な試みになる。「デジタル化された世界の地政学」に向けて、ワシントンは現状を大きく見直す必要がある。

  • インフラに対するサイバー攻撃
  • ネットワーク効果
  • エネルギー安全保障の新枠組み
  • デジタル時代の地政学へ

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

(C) Copyright 2021 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top