Paul Dempsey / Shutterstock.com

気候変動で故郷を追われる人々
―― 温暖化と環境難民の増大

ソニア・シャー  ジャーナリスト

Climate Changes Will Drive People Across Border But the Real Crisis Would be Making Them Stay

Sonia Shah アメリカのジャーナリストで、The Next Great Migration: The Story of Movement on a Changing Planetの著者。

2020年11月号掲載論文

気候変動が、人が生活できる地域を少しずつ削り取りつつある。すでに、気候変動によって住み慣れた土地から離れざるを得なくなった環境難民が発生しているにもかかわらず、政府も国際機関もこの問題にうまく対処できずにいる。国連の国際移住機関によると、2050年までには2億人が気候変動関連の理由で故郷を後にせざるを得なくなる恐れがある。問題は、気候変動によって追い込まれた人々を助けるメカニズムはもとより、避難民が移住するのを助ける法的枠組みが存在しないことだ。むしろ、各国政府は、「気候変動難民、環境難民」という新集団を無視し、気候変動ショックに彼らをさらしたままにし、その後、人権を無視した態度をとることも多い。・・・

  • 環境難民
  • 失われたパラダイス
  • グローバルな問題

(C) Copyright 2020 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top