StratosBril / Shutterstock.com

次期米政権の外交レバレッジ
―― 交渉上の優位を生かす現実主義を

リチャード・フォンテーヌ 新アメリカ安全保障センター 最高経営責任者(CEO)

The Untapped Power of Trump’s Leverage
How a New Leader Could Use It to Better End

Richard Fontaine 新アメリカ安全保障センターCEO。国務省、国家安全保障会議、故ジョン・マケイン上院議員の外交政策アドバイザーなどを経て現職。フォーリン・アフェアーズでは「トランプ・サンダース効果と次期大統領―― アメリカの貿易政策と外交はどう 変化するか」(2016年7月号)を発表している。

2020年11月号掲載論文

ジョー・バイデンは、トランプ時代の混乱に不満をもつ人々に「われわれが戻ってきた(もう大丈夫だ)」とすぐに伝えると述べており、今後、米市民と世界に対して、トランプのアメリカとは違うことを示すように求める大きな圧力にさらされるだろう。しかし、何から何までトランプの逆路線をとるのも賢明ではない。中国との競争、米中産階級により焦点を当てた政策などを含めて、トランプが残した政策の一部を継承していくつもりであることはすでにバイデンも明らかにしている。だが、前政権が極端な強硬路線をとってきただけに、新政権が相手に対する一連の手立て、交渉材料を手にしていることを認識する必要がある。ユニークながらもいずれは消失していく外交交渉上の優位をレバレッジとしてうまく利用していくべきだろう。

  • 政権交代とジグザクコース
  • 踏襲すべき路線、交渉で利用すべき優位
  • いかに優位を利用するか
  • レバレッジを利用すべき理由

(C) Copyright 2020 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top