vadimmmus / Shutterstock.com

2021.10.15. Fri

台湾、南シナ海、尖閣
―― グレーゾーン事態と次の戦争

小さな侵略・征服行動の背後には明確な戦略がある。相手がそれを取り返すのではなく、仕方がないと諦めるような小さな領土に侵略地域をとどめる。この戦略なら、あからさまに国を征服しようとした場合に比べて、全面戦争のリスクは大きく低下する。だが実際には、中国による台湾侵攻、封鎖、または空爆のシナリオばかりが想定され、「台湾が実行統治する島々を中国が占領する」という、より可能性の高いシナリオが無視されている。そうした小領土の占領を回避する上でもっとも効果的なのが、(応戦の意思を示す小規模な)トリップワイヤー戦力、特にアメリカのトリップワイヤー戦力を事前配備しておくことだ。尖閣、スプラトリー、台湾を守るトリップワイヤー戦力は配備されておらず、ワシントンには、そうした小規模の部隊を展開する政治的意志はほとんどない。・・・(アントルマン)

COVID19パンデミックを経て、(大陸の)権威主義政権は「その統治モデルが民主主義のそれ以上に21世紀の要請にうまく適応できる」とさらに確信するようになった。これがイデオロギー競争をさらに加速している。力強い民主主義と欧米のスタイルをとりながらも、中国文明の影響を受け、アジアの伝統によって規定されている台湾は、そのプレゼンスと持続的な繁栄を通じて、中国共産党が主張するストーリーへの反証を示すと共にその地域的野心に対する障害を作り出している。・・・台湾が倒れれば、地域的平和と民主的同盟システムにとって壊滅的な事態になることを認識する必要がある。(蔡英文)

この数カ月、北京が平和的な台湾アプローチを見直し、武力による統一を考えていることを示唆する不穏な動きがある。かつては台湾への軍事作戦など現実的オプションではないと考えていた中国政府も、いまや、それを現実の可能性として捉えている。習近平は台湾問題を解決するという野心を明らかにし、武力統一というオプションへの中国市民と軍指導層の支持も強化されている。この30年で初めて、ほぼ1世紀にわたる内戦を決着させるために中国が軍事力を行使する可能性を真剣に憂慮すべき環境にある。(マストロ)

グレーゾーン事態と次の戦争
―― トリップワイヤー戦力で抑止力強化を

2021年11月号 ダン・アルトマン  ジョージア州立大学 アシスタントプロフェッサー(政治学)

小さな侵略・征服行動の背後には明確な戦略がある。相手がそれを取り返すのではなく、仕方がないと諦めるような小さな領土に侵略地域をとどめる。この戦略なら、あからさまに国を征服しようとした場合に比べて、全面戦争のリスクは大きく低下する。だが実際には、中国による台湾侵攻、封鎖、または空爆のシナリオばかりが想定され、「台湾が実行統治する島々を中国が占領する」という、より可能性の高いシナリオが無視されている。そうした小領土の占領を回避する上でもっとも効果的なのが、(応戦の意思を示す小規模な)トリップワイヤー戦力、特にアメリカのトリップワイヤー戦力を事前配備しておくことだ。そうした戦力が存在しないために、中国との潜在的なホットスポットの多くでのアメリカの抑止力が不安定化している。尖閣、スプラトリー、台湾を守るトリップワイヤー戦力は配備されておらず、ワシントンには、そうした小規模の部隊を展開する政治的意志はほとんどない。・・・

COVID19パンデミックを経て、(大陸の)権威主義政権は「その統治モデルが民主主義のそれ以上に21世紀の要請にうまく適応できる」とさらに確信するようになった。これがイデオロギー競争をさらに加速している。台湾は(多くの意味で)競合する二つのシステムが交差するポイントに位置している。力強い民主主義と欧米のスタイルをとりながらも、中国文明の影響を受け、アジアの伝統によって規定されている台湾は、そのプレゼンスと持続的な繁栄を通じて、中国共産党が主張するストーリーへの反証を示すと共にその地域的野心に対する障害を作り出している。・・・中国共産党が突きつける脅威を認識するにつれて、各国は台湾と協力することの価値を理解する必要がある。台湾が倒れれば、地域的平和と民主的同盟システムにとって壊滅的な事態になることを認識する必要がある。

中国の台湾侵攻は近い
―― 現実味を帯びてきた武力行使リスク

2021年7月号 オリアナ・スカイラー・マストロ

この数カ月、北京が平和的な台湾アプローチを見直し、武力による統一を考えていることを示唆する不穏な動きがある。「アメリカが台湾有事に介入してきても、状況を制することができる」と考えられている。かつては台湾への軍事作戦など現実的オプションではないと考えていた中国政府も、いまや、それを現実の可能性として捉えている。習近平は台湾問題を解決するという野心を明らかにし、武力統一というオプションへの中国市民と軍指導層の支持も強化されている。この30年で初めて、ほぼ1世紀にわたる内戦を決着させるために中国が軍事力を行使する可能性を真剣に憂慮すべき環境にある。

Current Issues

Focal Points アーカイブ

Focal Points

過去のトップページ特集

Focal Points アーカイブ

最新のSubscribers' Only公開論文

論文データベース

本誌最新号紹介

2021年10月号(2021年10月10日発売)

Contents

  • 分裂した世界とグローバルな脅威
    ―― パンデミック・気候変動と大国間競争

    トーマス・ライト

  • トランスナショナルな脅威と 「人間の安全保障」
    ―― パンデミックで分断された世界

    ラジヴ・J・シャー

  • 異常気象への適応戦略を
    ―― もはや排出量削減だけでは対処できない

    アリス・ヒル  

  • アフリカ経済と化石燃料
    ―― 持続可能な開発と貧困撲滅の間

    イェミ・オシンバジョ

  • 今度こそアジアシフト戦略を
    ―― 経済・安全保障エンゲージメント

    ザック・クーパー、アダム・P・リフ

  • 環太平洋パートナーシップへの復帰を
    ―― CPTPPのアメリカにとっての価値

    ウェンディ・カトラー

  • 対中戦争に備えるには
    ―― アジアシフトに向けた軍事ミッションの合理化を

    マイケル・ベックリー

  • 白人至上主義と欧米の極右テロ
    ―― 社会的レジリエンスの強化を

    シンシア・ミラー=イドリス

他全13本掲載

Page Top