VanderWolf Images / Shutterstock.com

中国の覇権確立を阻止するには
―― 南シナ海とアメリカの対中抑止策

イーライ・ラトナー 米外交問題評議会シニアフェロー(中国研究)

Course Correction How to Stop China's Maritime Advance

Ely Ratner 米外交問題評議会シニアフェロー(中国研究)。

2017年8月号掲載論文

南シナ海における米中衝突を回避しようとするあまり、ワシントンは、中国による国際法を無視した南シナ海における行動を前にしても、緊張緩和措置をとり、結果的に、中国がじわじわと既成事実を作り上げるのを許してしまった。アメリカの軍事力と同盟関係には、米中の軍事衝突を抑止する効果はあっても、中国の勢力圏拡大を抑止する作用は期待できない。このために、中国による覇権確立がアメリカのアジアにおける最大の脅威シナリオとして浮上してきている。「中国が人工島の建設を続け、あるいはすでに建設した人工島に長距離ミサイルや戦闘機など強力な軍事資産を配置し続けるようなら、アメリカは中立を捨てて、領有権を主張する他の諸国が中国に対抗する能力を獲得することを支援する」と表明すべきだ。外交を抑止策で支え、「中国が覇権を握ることは容認できない」と、ワシントンは態度を明らかにすべきだろう。

  • 外交を抑止で支えよ
  • 既成事実化
  • 漂流するアメリカの役割
  • なぜ見くびられるのか
  • 明確なメッセージを
  • アメリカか中国か、それが問題だ

(C) Copyright 2017 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top