sibgat / Shutterstock.com

ネオリベラリズムの崩壊と新社会契約
―― 社会民主主義では十分ではない

ミアタ・ファーンブレー ニューエコノミクス財団 チーフエグゼクティブ

The Neoliberal Collapse Markets Are Not the Answer

Miatta Fahnbulleh ニューエコノミクス財団 チーフエグゼクティブ。

2020年2月号掲載論文

格差はつねに資本主義社会の特徴の一つだったが、人々は自分たちの生活の質が改善し、機会が拡大していると感じ、子供たちは自分たちよりも良い生活を送れると期待できる限り、そうした格差に目くじらを立てることはなかった。だが、この数十年でそうした機会が消失し始めると、システムそのものが不公正で、多くの人にとって利益にならないのではないかという見方が勢いを持ち始めた。新しい経済モデルを導入して人々をエンパワーし、公共財やインフラの所有を広げることで経済における市民の発言権を高めるべきだ。コミュニティレベルに権限を委譲し、生活を改善するための人々の集団行動を受け入れる、アクティブで分権化された国家が必要になる。

  • 資本主義の凋落
  • 新しい社会契約とクリーンな環境への投資
  • 民衆に力を

(C) Copyright 2020 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top