Piotr Swat / Shutterstock.com

デジタル企業の市場独占と消費者の利益
―― 市場の多様性とレジリエンスをともに高めるには

ビクター・メイヤー=ションバーガー オックスフォード大学教授 (インターネット・ガバナンス・規制)
トーマス・ランゲ 独ブランドアインズ誌テクノロジー担当記者

A Big Choice for Big Tech
Share Data or Suffer the Consequences

Viktor Mayer-Schönberger オックスフォード大学教授(インターネット・ガバナンス・規制)
Thomas Ramge 独ブランドアインズ誌テクノロジー担当記者
英エコノミスト誌にも寄稿。2人はReinventing Capitalism in the Age of Big Dataの共著者。

2018年10月号掲載論文

グーグル、フェイスブック、アマゾンなどの「デジタルスーパースター企業」は、企業であるとともに、膨大な顧客データを占有する市場でもある。消費者の好みや取引について、運営会社がすべての情報を管理し、そのデータを使って独自の意思決定アシスタントに機械学習をさせている。買い手は「おすすめ」と選択肢の示され方に大きな影響を受ける。こうした市場は、レジリエントで分散化された伝統的市場よりも、計画経済に近い。しかも、状況を放置すれば、このデジタル市場は、外からの意図的な攻撃や偶発的な障害によってシステムダウンを起こしやすくなる。だが、必要なのは企業分割ではない。むしろ、スーパースター企業が集めたデータを匿名化した上で、他社と共有するように義務づけるべきだろう。データが共有されれば、複数のデジタル企業が同一データから最善の洞察(インサイト)を得ようと競い合うようになり、デジタル市場は分散化され、イノベーションも刺激されるはずだ。

  • スーパースター企業
  • デジタル企業=市場
  • デジタルサイトは計画経済に近い
  • 独占禁止法で対処できない理由
  • 企業間のデータ共有を
  • データ共有を機能させるには

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

(C) Copyright 2018 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top