a katz / Shutterstock.com

経済戦争時代と制裁
―― 抑止力としての経済制裁に目を向けよ

エドワード・フィッシュマン 前国務省政策企画本部 経済制裁担当リードエキスパート

Even Smarter Sanctions: How to Fight in the Era of Economic Warfare

Edward Fishman 国務省政策企画本部の経済制裁担当リードエキスパート、ヨーロッパ・ユーラシア担当顧問などを経て、現在は、アトランティックカウンシルのフェロー。

2018年1月号掲載論文

一部の諸国は、大国間戦争を引き起こさないように配慮しつつも、リベラルな世界秩序への挑戦を試みるようになり、もはや経済領域での抗争は避けられなくなっている。ワシントンがより多くの制裁措置を発動する政治的動機も高まっている。制裁措置は、イランの核開発など、「すでに存在する問題行動」を見直させる上で一定の成功を収めているが、いまや制裁を通じて「未来の問題行動」を抑止することを考えるべきだ。ここにおける課題は、危機が起きる前に、ワシントンの官僚たちが制裁システムを設計したことはなく、同盟諸国と制裁について事前に交渉したこともないことだ。しかし、いまや国際的軋轢の多くが生じているのは「戦争と平和の間のグレイゾーン」であり、この領域におけるもっともパワフルな「抑止力としての制裁システム」を確立する必要がある。

  • 制裁のためのシステム
  • スマートな制裁の課題
  • 対ロシア制裁
  • 制裁の条件
  • 経済制裁という抑止力

(C) Copyright 2018 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top