ID1974 / Shutterstock.com

ロシアの軍事的復活と地政学的野望
―― 偶発戦争を回避するには

アイボ・H・ダールダー 元米NATO大使

Responding to Russia’s Resurgence: Not Quiet on the Eastern Front

Ivo H. Daalder シカゴ・グローバル・アフェアーズ評議会会長。2009―2013年にアメリカのNATO大使を務めた。

2017年12月掲載論文

軍備を増強し、軍事態勢を刷新したモスクワは「ロシアは再び重要な国となり、国際社会が無視できない存在になった」と、新たに自信をもち始めている。プーチンは「今後もロシア人と、外国で暮らすロシア系住民の権利を積極的に守り続ける」と主張し、「私が対象としているのは、自分を幅広いロシア・コミュニティーの一員と考えている人々だ」とさえ語っている。この発言を前に、1930年代のドイツの声明を想起した人は多いはずだ。プーチンは、近隣諸国を脅かし、北大西洋条約機構(NATO)を弱体化させようと、ロシア軍の近代化を大がかりに実施し、公然と軍事力を使って既成事実を作り上げつつある。しかも、この行動はヨーロッパとの境界線に留まるものではない。北は北極海から、南は地中海までの広い地域へロシアは軍事的影響力を拡大している。

  • ロシアの戦争モード
  • 冷戦後の変化
  • プーチンのプレイブック
  • 軍備増強と地政学ゲーム
  • 脅威に対抗するには
  • 誤算による戦争リスク

(C) Copyright 2017 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top