Don Mammoser / Shutterstock.com

依存人口比率と経済成長
―― 流れは中国からインド、アフリカへ

サミ・J・カラム Populyst.net エディター

The Economic of Dependency ―― How Countries Hit the Demographic Sweet Spot

Sami J. Karam 技術革新、人口動態、社会を主なテーマにして世界的な分析を手がけるPopulyst.net 創設者兼エディター。

2017年4月号掲載論文

「人口の配当」として知られる現象は経済に大きな影響を与える。この現象は合計特殊出生率が低下し、その後、女性が労働力に参加して人口に占める労働力の規模が拡大し(依存人口比率が低下することで)、経済成長が刺激されることを言う。本質的に、人口の配当が生じるのは、生産年齢人口が増大する一方で、依存人口比率が減少したときだ。実際、出生率の低下と労働力規模の拡大、そして依存人口比率の減少というトレンドが重なり合ったことで、1983年から2007年までのアメリカの経済ブーム、そして中国の経済ブームの多くを説明できる。問題は、先進国だけでなく、これまでグローバル経済を牽引してきた中国における人口動態上の追い風が、逆風へと変わりつつあることだ。人口動態トレンドからみれば、今後におけるグローバル経済のエンジンの役目を果たすのはインド、そしてサハラ砂漠以南のアフリカになるだろう。

  • 人口の配当とは
  • 戦後のベビーブーマー
  • 中国の経済成長と人口配当
  • 人口動態上の逆風
  • 次なる世界経済成長のエンジンは
  • 次の成長のエンジンを支えよ

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

(C) Copyright 2017by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top