Presidential Communications Operations Office/Wikipedia

ミンダナオ島危機とイスラム国
―― 共通の敵で変化した米比関係

リチャード・ジャバッド・ヘイダリアン デ・ラ・サール大学准教授(政治学)

Crisis in Mindanao: Duterte Battle ISIS

Richard Javad Heydarian デ・ラ・サール大学准教授(政治学)で、フィリピン下院の政策アドバイザー。

2017年8月号掲載予定掲載論文

貧困や失業に苦しみ、イスラム教徒が社会の周辺に追いやられているミンダナオ島では、フィリピン軍とイスラム主義者や共産主義者などの反政府勢力が衝突する流血の惨事が数十年にわたって繰り返されてきた。それだけにイスラム主義のイデオロギーやテロ集団を許容する社会的素地が存在した。しかも、中東で軍事的に追い込まれたイスラム国(ISIS)勢力がアジアへと軸足を移そうと試みている。ミンダナオ島と、イスラム教徒が多数派で、イスラム国勢力のシンパが多いマレーシアやインドネシアとの国境線が海上にあることも事態を複雑にしている。一方で、テロ勢力という共通の敵が現れたことでアメリカとの関係が前向きに変化していることにも目を向けるべきだ。ワシントンがマニラの人権問題に懸念を表明するのを控え、マニラが共通の敵に対するワシントンの軍事支援を受け入れるにつれて、両国政府の立場の違いはゆっくりとだが、着実に埋められつつある。・・・・

  • 内戦の危機?
  • なぜミンダナオなのか
  • 米比関係の修復へ

<内戦の危機?>

就任から1年を経たドゥテルテ大統領は、彼の故郷・ミンダナオ島の全面的な危機に直面している。すでに1カ月にわたって、政府軍の兵士たちは、イスラム過激派に占拠されたマラウィ市を過激派勢力から解放しようと試みている。

イスラム国(ISIS)系の戦闘員、そしてフィリピンのジハード主義集団で(イスラム国に忠誠を誓う)マウテグループが、5月23日以降、国内では最大規模のイスラム教徒たちが暮らすマラウィ市を占拠した。イスラム過激派・マウテグループの攻撃は、政府軍が(アブサヤフの指導者である)イスニロン・ハピロンを拘束しようと、その隠れ家を攻撃したことへの報復策と考えられている。最近、ハピロンは、「自分は東南アジアにおけるイスラム国戦士の指導者だ」と表明していた。

過激派によるマラウィ市の包囲作戦は、フィリピンに「イスラム国勢力のプロビンス(ウィラヤート)」を形作ろうとする関連勢力による攻撃の一部だ。最近では、イスラム国勢力とのつながりをもつ他の過激派組織、バンサモロ・イスラム自由戦士(BIEF)がミンダナオの他の地域で同時多発的な攻撃を実施し、今後、マラウィを超えてテロが大きな広がりをみせていくと考えられている。

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします(クレジットカード決済ですとリアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます)。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、ご入金確認後にご覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

(C) Copyright 2017 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top