Alexandros Michailidis / Shutterstock.com

ヨーロッパの社会分裂
―― 都市と農村の格差と政治

マリー・ハイランド 欧州生活労働条件改善財団 リサーチ・オフィサー
マッシミリアーノ・マスケリーニ 欧州生活労働条件改善財団 社会政策ユニット長
ミケーレ・ラモント ハーバード大学教授

Europe’s Invisible Provinces: How the Urban-Rural Divide Drives Political Polarization

Marie Hyland 欧州生活労働条件改善財団 社会政策ユニットリサーチ・オフィサー。欧州生活労働条件改善財団は、ヨーロッパ全域での生活と労働条件の改善を目的とする欧州連合の専門機関。
Massimiliano Mascherini 欧州生活労働条件改善財団の社会政策ユニット長。
Michele Lamont カナダの社会学者で、現在はハーバード大学教授(ヨーロッパ研究)。文化、不平等などを主な研究テーマにしている。著書にSeeing Others:How Recognition Works and How It Can Heal a Divided Worldがある。

2024年7月号掲載論文

政府に軽視されているという、農村住民の不満は、ヨーロッパ各国の社会的結束を弱め、極右ポピュリズムが育つ肥沃な土壌を提供することになるのかもしれない。農村住民は、政策立案はトップダウンで、自分たちの意見が反映されないと不満を高めている。アメリカでも、都市部と農村部の緊張が、人工妊娠中絶、同性婚、ドナルド・トランプへの立場といった問題で、政治的・文化的な二極化を助長している。農村部住民の要求や必要性に配慮し、意思決定プロセスにこうした住民を参加させる必要がある。もっとも重要なことは、農村と都市の溝を有意義な形で埋めれば、欧米の多くの社会が現在抱えている社会的緊張を和らげる助けになることだ。

  • 文化的二極化
  • 認識ギャップ
  • 地方をもっと快適に
  • 溝を埋めるには

(C) Copyright 2024 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top