Drop of Light / Shutterstock.com

ウクライナ・エクソダス
―― 欧州難民政策を改善するチャンス

アレクサンダー・ベッツ オックスフォード大学教授(国際関係論)

The Ukrainian Exodus: Europe Must Reckon With Its Selective Treatment of Refugees

Alexander Betts オックスフォード大学教授(強制移住、国際関係)。近著にThe Wealth of Refugees: How Displaced People Can Build Economiesがある。フォーリン・アフェアーズでは「難民の自立を助けよ―― 難民危機への経済開発アプローチを」(2015年12月号)「もう逃げ場がない―― サバイバル移民とラテンアメリカの悪夢」(2019年12月号)などを発表している。

2022年5月号掲載論文

すでに欧州連合(EU)はウクライナ難民に一定の保護を与え、少なくとも3年間はEU圏に滞在できる措置をとっている。EUから離脱したイギリスでさえ、数万の市民がウクライナ難民を自宅に受け入れると申し出て、厳格なビザ発給制限を緩和するように政府に求めている。こうした大きな連帯意識は、ヨーロッパの指導者たちが、難民や移民によりうまく対処する、より公平な難民政策を導入する機会をもたらしている。シリア紛争などの戦争で荒廃した国からヨーロッパに数百万の難民が押し寄せたとき、当初の歓迎が結局は激しい反発とナショナリズムの高まりにとってかわられたことを忘れてはならない。同じような流れが起きるのを避けるための施策が必要になる。

  • 連帯と反動のサイクル
  • 希望の光
  • 移民受け入れの反動を抑えるには
  • 永続的な変化

(C) Copyright 2022 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top