Vadim Petrakov / Shutterstock.com

フォロー・ザ・マネー
―― 気候変動対策と国際貿易・金融ルール

ジェシカ・F・グリーン  トロント大学准教授 (政治学、グローバル・アフェアーズ)

Follow the Money How Reforming Tax and Trade Rules Can Fight Climate Change

Jessica F. Green トロント大学准教授(政治学)

2022年1月号掲載論文

気候変動対策をめぐる現在の国際アプローチは危機の深刻さに見合うものではない。正面からの対策をとるには、パリ協定のような段階主義ではなく、国際貿易・金融のルールそのものを書き換える必要がある。環境悪化を引き起こすことも多い多国籍企業に不当な投資保護を与えている古いISDS規制を撤廃することも必要だ。各国が脱炭素化の目的から(環境を重視しない国に対する)国境炭素税を導入できるように、貿易規制を緩和する必要もある。世界貿易機関(WTO)やG20などの金融フォーラムに気候変動アジェンダを持ち込めば、政策立案者が利用できる手段は増え、気候変動対策を妨害する石油企業、鉱山会社、重工業産業など、気候変動対策によってダメージを受ける大規模な排出主体の活動を抑制できるようになる。


  • 気候変動対策の主体を見直せ
  • 気候対策と最低法人税率
  • ISDSが気候変動対策を阻む
  • 優れた貿易差別
  • 気候変動への政治的動員

(C) Copyright 2022 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top