Janossy Gergely / Shutterstock.com

政治的兵器とされた移民たち
―― 拡大する戦闘空間と多様化する兵器

マーク・ガレオッティ ライター、研究者(ロシア安全保障)

How Migrants Got Weaponized The EU Set the Stage for Belarus’s Cynical Ploy

Mark Galeotti マヤック・インテリジェンスのコンサルタント・ディレクターで、トランスナショナルな犯罪、ロシア安全保障を専門とするライター、研究者。近くThe Weaponisation of Everythingを出版予定。

2022年1月号掲載論文

「欧州連合(EU)に簡単に入国できる」という嘘の約束にだまされて、移民たちは、ベラルーシやその周辺国ではなく、主にイラクやクルディスタンからやってきた。観光ビザでベラルーシに集まった彼らは、バスでポーランドとの国境沿いに送り込まれた。要するに、ベラルーシのルカシェンコ大統領はEU側から譲歩を引き出そうと、人道危機、移民危機を人為的に演出した。歴史的には、移民が政治的兵器として用いられるのは今回が初めてではない。だが、ルカシェンコ政権のシニカルな策略から学ぶべき教訓は、紛争が伝統的戦場からあらゆる生活空間に拡大するにつれて、戦略的な偽情報の拡散同様に、移民も新たな兵器とみなされる時代になったということだ。ルカシェンコは多くの点で古いタイプの独裁者だが、彼が行使した「移民戦争」は未来の闘いのあり方の一つを示している。


  • ルカシェンコの策謀
  • 金を渡してゲートを閉ざす
  • 他の手段による戦争
  • 偽情報の力
  • 戦場の拡大と新しい兵器

(C) Copyright 2022 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top