Yaw Niel/ Shutterstock.com

残存する国内ワクチン格差
―― 周辺化されたコミュニティへの国際的対応を

ダーレン・ウォーカー  フォード財団会長

The Stubborn Persistence of Vaccine Inequity Why Marginalized Communities Can’t Be Last in Line

Darren Walker フォード財団会長。

2021年12月号掲載論文

グローバルな供給量を増やすだけでは、国家間あるいは国内におけるワクチンへの平等なアクセスを提供することはできない。政府や国際機関は、ドナー、市民社会グループ、地域のリーダーたちと協力して、社会から取り残され、周辺化されたコミュニティにワクチンが行き渡るように試みる必要がある。そうしない限り、弱者の多くがワクチンを受けられないままになり、世界全体が再び危険にさらされる。グローバルパンデミックを防ぐには、途上国、特に長く無視され、抑圧されてきた地域の公衆衛生インフラを強化するしかない。このワクチン格差に正面から取り組まなければならないのは、道徳的に問題があるからだけではない。そうすることが公衆衛生や安全のために必要だからだ。


  • ワクチンアクセス
  • 国内での格差
  • グローバルな支援とローカルな解決策

(C) Copyright 2021 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top