Mamunur Rashid / Shutterstock.com

トランスナショナルな脅威と 「人間の安全保障」
―― パンデミックで分断された世界

ラジヴ・J・シャー  ロックフェラー財団会長

The Covid Charter  A New Development Model for a World in Crisis

Rajiv J. Shah ロックフェラー財団会長。ゲーツ財団ディレクター、米農務省次官補、米国際開発庁長官(2010—2015)などを経て現職

2021年10月号掲載論文

世界は「パンデミックに耐える能力をもつ先進国」と「脅威に翻弄される途上国」間の「大いなる分断」によって切り裂かれている。既存のグローバル開発モデルはもはや機能していない。パンデミックと気候変動の二重の脅威からすべての人を守るために「人間の安全保障」を強化するグローバルな憲章をまとめる必要に各国は迫られている。先進国と途上国の能力と資源のギャップを埋め、官民のパートナーシップをさらに強化しなければならない。途上国でパンデミックが収束し、変異株が出現しないようにならない限り、先進国の回復プロセスが不安定化するのは避けられない以上、途上国への開発援助を、先進国の市民や経済をパンデミックの再発から守るための投資と位置づけて促進しなければならない。

  • 感染症と気候変動の脅威
  • ブレトンウッズと戦後の成長
  • トランスナショナルな脅威
  • 分断された世界
  • 大いなる分断リスク
  • 新しいコミットメントを
  • COVID憲章の提言
  • 危機から機会へ

(C) Copyright 2021 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top