Maxim Vasiliev / Shutterstock.com

北京の泥棒男爵たち
―― 中国の金ピカ時代

ユエン・ユエン・アン ミシガン大学准教授(政治学)

The Robber Barons of Beijing Can China Survive Its Gilded Age?

Yuen Yuen Ang ミシガン大学准教授(政治学)。著書にChina’s Gilded Age: The Paradox of Economic Boom and Vast Corruptionなど。

2021年9月号掲載論文

この40年で、中国の政治腐敗は構造的に変化し、窃盗型から(特権を手に入れるための)アクセスマネー型へ変化した。資本家の利益に見合う動きをする政治家には報酬が与えられ、特権を買った資本家は私腹を肥やす。要するに、中国はいまや金ピカ時代のさなかにある。縁故資本主義の危険性に気づいている習近平は、政治腐敗が少なく、平等性が高い中国バージョンの革新主義時代を実現しようと、冷酷に強制力を用いている。だが、本当の改革とは、このような形では定着しない。むしろ、強制力を用いた上からの改革は、現在の問題を解決するカギとなる「下からのエネルギー」を抑え込んでしまい、結局は事態をさらに悪化させる。それにしても、なぜ「政治的に腐敗している国は貧しい」というトレンドを、中国は回避できているようにみえるのか。・・・

  • ボトムアップの改革を
  • 政治腐敗は貧困国の病か
  • 経済開放路線と政治腐敗の蔓延
  • アクセスマネーの拡大
  • 習近平と反政治腐敗
  • 毛沢東主義への回帰?

(C) Copyright 2021 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top