SPhotograph / Shutterstock.com

北京の反独占禁止策?
―― 中国のビッグテックと産業政策

ジョシュ・フリードマン  ハーバード大学博士候補生(政治学)

Why Beijing Is Bringing Big Tech to Heel
China Appreciates Monopolies It Can Control

Josh Freedman ハーバード大学博士候補生(政治学)

2021年3月号掲載論文

専門家の多くは、アリババやテンセントなど、中国のビッグテックによる市場独占を阻もうとする北京の熱意を、フェイスブックやアップルを何とか抑え込もうとする欧米の試みと重ね合わせて捉えている。だがそれは、間違いだ。北京が警戒しているのは市場独占による圧倒的なパワーそのものではない。北京は、イノベーションの方向性への統制を強化し、民間大企業のパワーを共産党の産業政策の目的実現へと向かわせたいと考えている。北京が望んでいるのは党が望むイノベーションの方向に民間企業を従わせ、巨大企業が収益拡大のために党の方向から外れないようにすることにある。

  • 独禁法、中国スタイル
  • 経済力と個人の自由
  • ビッグテックの適切な居場所

(C) Copyright 2021 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top