Bernard Chantal / Shutterstock.com

対途上国ワクチン供給の覇者
―― 中国は途上世界の救世主へ

エイク・フライマン オックスフォード大学博士候補生  ジャスティン・ステビング インペリアル・カレッジ・ロンドン教授

China Is Winning the Vaccine Race How Beijing Positioned Itself as the Savior of the Developing World

Eyck Freymann オックスフォード大学博士候補生。One Belt One Road: Chinese Power Meets the Worldを出版予定。 Justin Stebbing インペリアル・カレッジ・ロンドン教授(癌医学、腫瘍学)

2020年12月号掲載論文

世界保健機関(WHO)は、途上国の重症化リスクがある人々に20億回分のワクチンを提供するイニシアティブを促進しているが、中国とは違って、アメリカは構想への参加を拒否している。実際、世界人口の半数以上が暮らし、国がワクチン接種費用を負担するのが財政的に難しいアジアやアフリカそして中東の新興国では、中国メーカーのワクチンが圧倒的なシェアを握りそうだ。2021年、世界の注目を「健康シルクロード」に向けることで、中国は世界の技術大国かつ公衆衛生の擁護者として自らを「リブランド」しようとしている。これに成功すれば、一流の技術大国という名声に加えて、中国は、途上世界のパートナーとの友好関係を強化し、「グローバルリーダー」の称号への国際的支持を得ることになるだろう。

  • ワクチン開発と国際政治
  • ワクチン供給と財政支援
  • 国家リブランディング

(C) Copyright 2020 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top