DOD photo by U.S. Air Force Staff Sgt. Jette Carr / wikipedia.org

核武装国北朝鮮にどう向き合うか
―― 核不拡散の脅威から核抑止の対象へ

スコット・D・サガン スタンフォード大学教授(政治学)

The Korean Missile Crisis: Why Deterrence Is Still the Best Option

Scot D. Sagan アメリカの政治学者でスタンフォード大学教授(政治学)。同大学国際安全保障・協調センターのシニアフェロー。専門は核兵器、核軍縮。

2017年10月号掲載論文

北朝鮮、そして米韓は、いずれも相手が先制攻撃を試みるのではないかと疑心暗鬼になっている。このような不安定な環境では、偶発事故、間違った警告、あるいは軍事演習の誤認が戦争へつながっていく。しかも、金正恩とドナルド・トランプはともに自分の考える敵に衝動的に向かっていく傾向がある。ペンタゴンとホワイトハウスの高官たちは、北朝鮮の指導者・金正恩の行動を抑止する一方で、トランプ大統領が無為に戦争への道を突き進んでいくことも諫めなければならない。北朝鮮にとって核兵器は取引材料ではない。自国に対する攻撃を阻止するための力強い抑止力であり、あらゆる策が失敗した時に、敵対する諸国の都市を攻撃して復讐するための手段なのだ。しかし、危機に対するアメリカの軍事的オプションは実質的に存在しない。金正恩体制が自らの経済的、政治的弱さによって自壊するまで、忍耐強く、警戒を怠らずにその時を待つ封じ込めと抑止政策をとるしかない。

  • 新しい事態
  • キューバ危機と北朝鮮危機
  • 問題のあるレトリック
  • 情報の欠落と危険な破談
  • 軍事オプションは存在しない
  • 偶発戦争のリスク
  • 冷静に封じ込めと抑止を続けよ

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

(C) Copyright 2017 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top