人道的悲劇から民衆を保護せよ
――介入する権利から保護する責任へ

ギャレス・エバンズ 元オーストラリア外相
モハメド・サハヌーン アフリカ問題担当国連事務総長特別顧問

The Responsibility to Protect

Gareth Evans 国際危機グループ(ICG)会長、元オーストラリア外相。
Mohamed Sahnounアフリカ問題担当国連事務総長特別顧問、元アルジェリア外交官。

2003年1月号掲載論文

大量虐殺、大規模な飢餓、レイプ、民族浄化がどこかで再び起きるのは時間の問題であり、その場合にわれわれは一体どうすればよいのか。世界各地で起きる人道的悲劇に国際コミュニティーが本気で対処するつもりなら、まず相手地域への介入という問題を「介入する権利」としてではなく、人道的悲劇に苦しむ人々を「保護する責任」としてとらえ直す必要がある。 政府が民衆を保護する責任を果たさない、あるいは果たせない場合には、相手国の主権は制限されるとみなす認識が広がりつつある。主権国家が国内での人道的悲劇を解決する意思と能力を持っていない場合は、国際コミュニティーが人道的悲劇への対応責任を負うべき段階にきており、必要とされているのはそのための原則である。

  • 人道介入と国際コミュニティー
  • 主権に伴う二つの責任
  • 軍事介入の前提
  • 軍事介入のガイドライン
  • 保護する責任からの介入原則
  • 誰の権限でどのように介入するのか
  • 政治的意思を結集するには

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

(C) Copyright 2003 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top