Zapp2Photo / Shutterstock.com

2018.8.17 Fri

オートメーション化される世界
―― ユートピアかディストピアか

1995年から2005年まで生産性は大きく向上し、その平均伸び率は3%に達した。だが最近になって大きな変化が起き、生産性の向上ペースは鈍化している。この10年間の伸び率は、それに先立つ10年と比べて鈍化しているし、特に最近の5年間は大きく落ち込んでいる。製造業に限ってみると、最近の5年間の生産性の平均伸び率は0・2%と、ほぼ横ばいをたどっている。(生産性が低下している以上)ここにきてオートメーションが労働市場に与える影響は低下していると考えることができる。つまり、まだロボットが大がかりに人の労働に取って代わる段階にはないということだ。(ミラー、ポーター、シアーホルズ、ルンド)

自律走行車の普及によって勝者と敗者が生まれることになる。勝者となるのは、自律走行車によって時間と金を節約できる数億人の普通のドライバーたちだ。高齢者や障害を抱える人々、特に公共交通機関へのアクセスがない郊外や地方で暮らす高齢者や障害者は、(自由に移動できるようになり)自立性を取り戻せるだろう。一方で、敗者となるのは、失業する恐れのあるプロの運転手たちだ。実際、最初に市場に浸透するのは自律走行のタクシー、トラック、バスであると予想され、10年後までには商用車の半数がドライバーレスになると考えるアナリストもいる。(マスターズ)

モバイルインターネットと「モノのインターネット」が重なり合うと様々な分野で大きなインパクトを与える。その一つが医療分野だろう。緊急治療を要する事態を予防するために遠隔監視システムを利用すれは、高額な入院、苦痛を減らし、早死をなくすことさえ不可能ではない。一方で、これらの新技術がプライバシーや個人の自由を侵害する恐れもある。患者の心拍や血圧のモニターの数値が、喫煙をしていることや制限されている食べ物を食べていることを特定してしまうかもしれない。(マニュイカ、チュイ)

オートメーション時代の失業と社会保障

2017年6月号 ジョディ・グリーンストーン・ミラー ビジネス・タレントグループCEO 、エデュアルド・ポーター ニューヨーク・タイムズ紙 コラムニスト、ハイジ・シアーホルズ 前米労働省 チーフエコノミスト プレサイダー、スーザン・ルンド マッキンゼー・グローバル・インスティチュート パートナー

ロボットの導入による失業が現実に起きれば、その一方で、膨大な富が作り出され、それがかつてなく一部へ富を集中させることはすでに分かっている。雇用喪失の一方で、巨大な富が集積されていくことのバランスをどうとるか、広く富を共有していくにはどうすればよいかを考えなければならない。(J・ミラー)

今後10年間でより多くの雇用を創出する産業は何かに関する予測のトップ10のうちの四つは看護・介護に関係した職業で、介護、看護師、在宅介護、看護師補助(ヘルパー)などだ。問題はこれらの雇用の質(と賃金)がとても低いことだ。(E・ポーター)

私はオートメーションによって大量失業時代が引きおこされるとは考えていないが、経済的に困難な状況に直面する個人が出てくるのは避けられないだろう。これは対処すべきとても重要な問題だ。だが(その対応策としては)、普遍的な最低所得保障ではなく、雇用保障の方がよいと思う。この場合、政府がすべての人の「最後の雇用主」ということになる。(H・シアーホルズ)

ドライバーレスカーが経済と社会を変える
―― ユートピアかディストピアか

2017年10月号 ジョナサン・マスターズ CFR.org 副編集長

車に数万ドルもの金をかけて所有し、90%以上の時間は乗らずに置きっぱなしにするよりも、今後、多くの人は、必要な時にモバイルアプリで車を呼ぶやり方を選ぶようになるだろう。勝者となるのは、自律走行車によって時間と金を節約できるようになる普通のドライバーたちだ。特に、公共交通機関へのアクセスがない郊外や地方で暮らす高齢者や障害者は、自由に移動できるようになり、自立性を取り戻せる。交通事故や大気汚染に派生する問題や犠牲も抑え込めるようになる。世界最大でもっとも迅速な成長を遂げる自動車市場をもつ中国は、この側面で最大の恩恵を引き出すことができる。だがドイツ、日本、韓国、アメリカなどの、主要な自動車輸出国、そして産油国は大きなリスクにさらされる。・・・・

インターネットでデータ化される世界
―― 「モバイルインターネット」と「モノのインターネット」の出会い

2013年11月号 ジェームズ・マニュイカ マッキンゼー・グローバルインスティチュート ディレクター、マイケル・チュイ マッキンゼー・グローバルインスティチュート プリンシパル

レンズなしメガネのように見えるヘットギアから、ネット閲覧のできるスマートウォッチ、データ測定機能を備えた運動靴やスポーツウェアといった装着型デジタル機器の流行は、奥深い経済的・社会的な変化が進行していることを物語っている。モバイル対応型の「モノのインターネット」化は、人が身に付けるものにとどまらない。位置、活動、状態に関するデータを収集・電送する小型検出器は、すでに橋、トラック、心臓ペースメーカー、糖尿病患者用のインスリンポンプなど、ありとあらゆるものに組み込まれている。これが、主要産業の再編を促しているだけでなく、人間とコンピュータの境界をあいまいにしつつある。こうした変化が、暮らし・仕事のやり方に広く奥深い変革をもたらすのは疑いようがなく、その経済価値は、総額数兆ドルにも達すると考えられる。

2018年8月号レビュー

Current Issues

Focal Points アーカイブ

Focal Points

過去のトップページ特集

Focal Points アーカイブ

最新のSubscribers' Only公開論文

論文データベース

本誌最新号紹介

2018年8月号(2018年8月10日発売)

Contents

  • マルキスト・ワールド
    ―― 資本主義を制御できる政治形態の模索

    ロビン・バーギーズ

  • 人工知能とデジタル権威主義
    ―― 民主主義は生き残れるか

    ニコラス・ライト

  • 多様性を受け入れる秩序へ
    ―― リベラルな国際秩序という幻

    グレアム・アリソン

  • ワーミング・ワールド
    ―― 気候変動というシステミック・リスク

    ジョシュア・バズビー

  • 都市外交の台頭
    ―― グローバルな課題に対処する新アクター

    アリッサ・アイレス

  • 中国モデルとは何か
    ―― 権威主義による繁栄という幻想

    ユエン・ユエン・アン

  • 分離独立運動の未来
    ―― なぜ暴力路線へ向かう危険が高いか

    タニシャ・M・ファザル

  • 人的資本投資と経済成長
    ―― 教育・医療への投資がなぜ必要か

    ジム・ヨン・キム

他全9本掲載

Page Top