Reynaldo Riobueno / Shutterstock.com

2019.4.19 Fri

紛争か交渉か
―― チャベス主義とベネズエラの未来

マドゥロ政権は、いかに生き延びるかを議論している。野党勢力との交渉、暫定的な軍政、早期における大統領選挙の実施も取り沙汰されている。マドゥロ政権は団結して誇りをもつように市民に求めているが、政権の高官や軍部は、非常に大きな内外の圧力にさらされながら活動している。最終的に今後数週間、あるいは数カ月で忠誠の対象を見直すことになるかもしれない。・・・(ブリスコー)

歴史的にベネズエラは移民に開放的な国だった。だが、皮肉にも、チャベスとマドゥロが、かつては繁栄していたこの国で壊滅的政策をとった結果、かつて移住してきた外国人のほとんどは国外へ流出している。問題は彼らが近隣諸国で必ずしも歓迎されていないことだ。他の難民たちと同様に、ベネズエラから逃れてきた人々が、命を守るために国を逃れてきた難民たちであることを忘れてはいけない。(バハール)

アメリカ国境を目指す中央アメリカの人々に対して、ワシントンは、国境地帯の警備を強化し、近隣諸国に移民抑止に向けて協力を依頼し、現地経済支援のための援助を提供することで、その対応策としてきた。しかし、これらは結果を出せていない。人々が故郷を後にせざるを得ない状況にワシントンがより真剣に対処しない限り、中南米移民は北を目指し、アメリカでの未来を思い描き続けることになる。(リュータート)

紛争か交渉か
―― チャベス主義とベネズエラの未来

2019年4月号 イワン・ブリスコー 国際危機グループ プログラムディレクター (ラテンアメリカ&カリブ海周辺諸国)

マドゥロ政権は、いかに生き延びるかを議論している。どうすれば重油を精製できるか。資金援助に乗り気でない中国とロシアから援助を引き出すには、どのような見返りが必要になるか。社会騒乱を引きおこす恐れのある欠乏の深刻化を前に、軍高官たちはどのように反応するか。野党勢力との交渉、暫定的な軍政、早期における大統領選挙の実施も取り沙汰されている。チャベス主義者の虚勢が怒りへ変化し暴走し始める危険もある。マドゥロ政権は団結して誇りをもつように市民に求めているが、政権の高官や軍部は、非常に大きな内外の圧力にさらされながら活動している。最終的に今後数週間、あるいは数カ月で忠誠の対象を見直すことになるかもしれない。・・・

ベネズエラ難民危機とラテンアメリカ
―― 移民ではなく、難民と呼ぶべき理由

2019年1月号 ダニー・バハール ブルッキングス研究所フェロー

歴史的にベネズエラは移民に開放的な国だった。戦後にこの国にやってきた多くはイタリア、スペイン、ポルトガルからの移民だったが、この他にも、ドイツや東欧からの移民、さらには中東からの移民もいた。1970年代半ばにベネズエラ経済がブームに沸き返ると、近隣諸国からの移民も押し寄せた。だが、皮肉にも、チャベスとマドゥロが、かつては繁栄していたこの国で壊滅的政策をとった結果、かつて移住してきた外国人のほとんどは、その子孫たちとともにすでに国外へ流出している。問題は彼らが近隣諸国で必ずしも歓迎されていないことだ。他の難民たちと同様に、ベネズエラから逃れてきた人々が、命を守るために国を逃れてきた難民たちであることを忘れてはいけない。彼らを難民として認識すれば、そこにあるのがもはや無視できない現実であることが理解できるはずだ。

米国境を目指す中米移民の窮状
―― 貧困と犯罪を逃れて北を目指す人々

2019年1月号 ステファニー・リュータート テキサス大学オースチン校  ロバート・ストラウスセンター ディレクター

アメリカ国境を目指す中央アメリカの人々はなぜ故郷を後にし、ワシントンはこれにどのように対処しているのか。1980年代には内戦を逃れる難民が数多く押し寄せ、その後も、経済的機会を求めて、犯罪組織の社会的暴力から逃れるために北を目指す人の流れは続いている。最近ではアメリカへの入国を求める家族と子供が増えているのが特徴的だ。ワシントンは、国境地帯の警備を強化し、近隣諸国に移民抑止に向けて協力を依頼し、現地経済支援のための援助を提供することで、その対応策としてきた。しかし、これらは結果を出せていない。人々が故郷を後にせざるを得ない状況にワシントンがより真剣に対処しない限り、中南米移民は北を目指し、アメリカでの未来を思い描き続けることになる。

関連論文のご紹介

Current Issues

Focal Points アーカイブ

Focal Points

過去のトップページ特集

Focal Points アーカイブ

最新のSubscribers' Only公開論文

論文データベース

本誌最新号紹介

2019年5月号(2019年5月10日発売)

Contents

  • 新「ドイツ問題」とヨーロッパの分裂
    ―― 旧ドイツ問題を封じ込めた秩序の解体

    ロバート・ケーガン

  • 今回ばかりは違う
    ―― 米外交の復活はあり得ない

    ダニエル・W・ドレズナー

  • 対中強硬策に転じたヨーロッパ
    ―― アメリカとの対中共闘路線は実現するか

    アンドリュー・スモール

  • ブレクジットプロセスの破綻
    ―― 北アイルランドというジレンマ

    ブレンダン・オリリー

  • 米外交の再生に向けて
    ―― 21世紀の課題に備えるには

    ウィリアム・バーンズ

  • 異質な他者に如何に接するか
    ―― 近くと遠くをともに重視する

    クワメ・アンソニー・アッピア

  • 大気中から二酸化炭素を吸収する
    ―― ネガティブエミッション技術のポテンシャル

    フレッド・クルップ、フレッド・クルップ、エリック・プーリー

  • 習近平モデルの成功と弊害
    ―― 成功が重荷と化すとき

    エリザベス・エコノミー

他全11本掲載

Page Top