Official White House Photo by Shealah Craighead

2019.7.19 Fri

米中経済はディカップリングへ?
―― 貿易戦争と米中経済の切り離し

2019年に入って最初の5カ月で、中国の対米輸出は4・8%減少したが、同時期に、中国にとって最大の貿易相手である欧州連合(EU)への輸出は14・2%上昇し、EUからの輸入も8・3%上昇している。一方、アメリカの対中輸出は2019年に入って以降の最初の5カ月で26%以上の落ち込みをみせた。有利な状況を手にしているのは中国であり、北京に妥協するつもりはない。貿易戦争、米中経済の切り離しのあるなしに関わらず、中国はアメリカからの経済独立コースを着実に歩み続けている。(ネーサン)

すべては目的が何であるか、双方が勝利をどのように定義しているか、時間枠をどうみているかに左右される。アメリカ側にも中国側にも何をもって勝利とみなすかについてのコンセンサスはない。実際、より多くの米製品の輸入、より大きな市場アクセス、IT技術の保護で由とする立場から、米中経済の切り離しを求める立場にいたるまで、アメリカ側にはさまざまな意見がある。(E・エコノミー)

現在の地政学構造は、一つの重要な例外を別にすれば、1970年代、あるいは、1920年代のそれと比べてさえ、それほどかけ離れてはいない。・・・インド、トルコ、イランの動きを別にすれば、過去と現在のもっとも大きな違いは、アジアのパワーバランスの鍵を握るプレイヤーとして中国が日本に取って代わったことだ。しかし、この2世代の間に中国が達成した成果は、リベラルな覇権国としてアメリカが主導した経済的開放性(各国の市場自由化)と(経済と貿易の流れをスムーズにした)グローバルな安全保障への貢献なしでは決して実現しなかったはずだ。(コトキン)

<8月号プレビュー>
中国は貿易戦争をどうみているか
―― 自らを追い込んだトランプの強硬策

2019年8月号 アンドリュー・J・ネーサン コロンビア大学教授(政治学)

ナバロとライトハイザーは、「世界経済におけるアメリカの主導的役割を維持するには、中国の経済モデルを抜本的に変化させるしかない」という立場をトランプに受け入れさせ、強硬策に出た。しかし、貿易戦争は、ワシントンが考えるほど大きな痛みを中国に強いていないようだ。2019年に入って最初の5カ月で、中国の対米輸出は4・8%減少したが、同時期に、中国にとって最大の貿易相手である欧州連合(EU)への輸出は14・2%上昇し、EUからの輸入も8・3%上昇している。一方、アメリカの対中輸出は2019年に入って以降の最初の5カ月で26%以上の落ち込みをみせた。農業を含む、数多くの米セクターのダメージはかなりのレベルに達している。有利な状況を手にしているのは中国であり、北京に妥協するつもりはない。貿易戦争、米中経済の切り離しのあるなしに関わらず、中国はアメリカからの経済独立コースを着実に歩み続けている。

米中貿易戦争は続く
―― その政治的、経済的意味合い

2019年7月 エドワード・オールデン 米外交問題評議会シニアフェロー(経済・貿易担当)エリザベス・エコノミー 米外交問題評議会シニアフェロー(中国担当)マイルス・カーラー 米外交問題評議会シニアフェロー(グローバル統治担当)

最近の大統領のツイートは、米企業が中国を離れて、別の場所、つまり、他のアジア諸国、あるいは国内に工場を移して、アメリカに部品その他を供給させる計画を米政権がもっていることを思わせる。ファーウェイに対する攻撃も、多くの意味で米中経済の切り離しを意図している。少なくとも現状では、大統領は米中切り離し派の立場に耳を傾けている。(E・オールデン)

すべては目的が何であるか、双方が勝利をどのように定義しているか、時間枠をどうみているかに左右される。アメリカ側にも中国側にも何をもって勝利とみなすかについてのコンセンサスはない。実際、より多くの米製品の輸入、より大きな市場アクセス、IT技術の保護で由とする立場から、米中経済の切り離しを求める立場にいたるまで、アメリカ側にはさまざまな意見がある。(E・エコノミー)

リアリスト・ワールド
―― 米中の覇権競争が左右する世界

2018年7月号 スティーブン・コトキン プリンストン大学教授(歴史学)

この1世紀で非常に深遠な変化が起きたとはいえ、現在の地政学構造は、一つの重要な例外を別にすれば、1970年代、あるいは1920代のそれと比べて、それほど変わらない。それは、アジアのパワーバランスの鍵を握るプレイヤーとして、中国が日本に取って代わったことだ。中国が力をつけているのに対して、アメリカとその他の先進民主国家は政治が機能不全に陥り、将来に向けてパワーを維持できるかどうか、はっきりしなくなっている。もちろん、現状から直線を引いて今後を予測するのは危険だが、中国の台頭を予見した19世紀初頭の予測は、間違っていたのではなく、時期尚早なだけだったのかもしれない。すでに中国の勢力圏は拡大を続けており、現在問われているのは、中国が他国を手荒く扱ってでもルールを設定・強制しようするか、あるいはアメリカがグローバルなリーダーシップを中国と共有していくかどうかだろう。

Current Issues

Focal Points アーカイブ

Focal Points

過去のトップページ特集

Focal Points アーカイブ

最新のSubscribers' Only公開論文

論文データベース

本誌最新号紹介

2019年7月号(2019年7月10日発売)

Contents

  • 人口動態と未来の地政学
    ―― 同盟国の衰退と新パートナーの模索

    ニコラス・エバースタット

  • オートメーションとグローバル経済構造
    ―― 世界経済の次の勝者は

    スーザン・ルンド 、 ジェームズ・マニュイカ 、マイケル・スペンス ニューヨーク大学教授(経済学)

  • 失われた覇権
    ―― いかにアメリカは覇権を喪失したか

    ファリード・ザカリア

  • トランプとロシア
    ―― 愚かなるがゆえの無罪

    スティーブン・コトキン

  • 資本にとって安全な世界を求めて
    ―― ハイエク、ネオリベラルと超国家主義の模索

    スティーブン・ワートハイム

  • CFR Events
    米中貿易戦争は続く
    ―― その政治的、経済的意味合い

    エドワード・オールデン

  • 一帯一路が作り出した混乱
    ―― 誰も分からない「世紀のプロジェクト」の実像

    ユェン・ユェン・アン

  • トランプ外交は誰を追い込んだのか
    ―― イラン、中国、北朝鮮それともアメリカ

    フィリップ・ゴードン

他全9本掲載

Page Top