Rido Zaen/shutterstock.com

2017.6.29 Thu

インドネシアを切り裂く民族・宗教政治
―― 脅かされる多元主義と社会的調和

多元主義や民主主義をめぐる世界の模範と言われたインドネシアで、いまやこの国の寛容さ、多元主義、民主主義のすべてが試練にさらされている。現職の知事としてジャカルタ州知事選に出馬したキリスト教徒の中国系インドネシア人、バスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)は、(イスラム教を冒涜したと)イスラム主義強硬派に攻撃され、選挙に敗れただけでなく、5月初旬に宗教冒涜罪で起訴され、投獄される事態となった。(ジョーンズ)

インドネシアは世界で3番目に大きな民主国家で、世界最大のイスラム教徒人口を抱えている。(イスラム)過激主義に対処していくには、経済的格差・不公正の問題に取り組んでいかなければならない。ソロとジャカルタでの経験から私はこれを教訓として学んでいる。政府がより多くの権限を民衆に委ねれば、過激主義は下火になるし、そうなることをインドネシア市民は願っている。われわれはさまざまな経験を積んできた。インドネシアはイスラム政治勢力への軍事的アプローチだけでなく、ソフトアプローチも試みてきた、何が正しく、何が間違っているかを(イスラム教徒に)教えるプログラムもある。(ウィドド)

ジェマ・イスラミアとインドネシアのイスラム国支持派の対立は良く知られている。だが、・・・分裂している親イスラム国支持グループを連帯させようとする動きもある。だが本当の危険は、イスラム国の出現によって、インドネシア国内のジハード主義集団や過激派のネットワークに、フィリピンやマレーシアの過激派が参加し、さらなる社会暴力が引き起こされることだろう。(リョー)

インドネシアを切り裂く民族・宗教政治
―― 脅かされる多元主義と社会的調和

2017年7月号 シドニー・ジョーンズ 紛争政治分析研究所 ディレクター

多元主義や民主主義をめぐる世界の模範と言われたインドネシアで、いまやこの国の寛容さ、多元主義、民主主義のすべてが試練にさらされている。現職の知事としてジャカルタ州知事選に出馬したキリスト教徒の中国系インドネシア人、バスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)は、(イスラム教を冒涜したと)イスラム主義強硬派に攻撃され、選挙に敗れただけでなく、5月初旬に宗教冒涜罪で起訴され、投獄される事態となった。2016年9月、アホックが遊説の中で、良心に従って投票をするようにと促し、コーランの一節を引いて、「非イスラム教徒の人物がイスラム教徒を統治することはできないと示唆するような人物に惑わされてはなからない」と発言したことが事の発端だった。2019年の大統領選に向けて、イスラム主義者たちは今回よりもさらに大規模な反動を巻き起こそうと、反中感情、反共産主義感情、そして格差に対する不満のすべてを利用しようと試みるだろう。

開放的な新インドネシア
―― ジョコ・ウィドド大統領との対話

2014年11月号 ジョコ・ウィドド インドネシア大統領

「(州知事時代に)オフィスにいたのは1―2時間で、この時間はひたすら文書にサインをするだけだった。これを終えると市場、河川敷、スラム、村落へと出向いた。何が必要で、何を求めているかを人々に聞いた。同じことをインドネシアのためにもできる。スカイプやテレコンファレンスを利用できる。・・・(経済領域では)深海港と鉄道への投資を重視したい。可能であれば国の予算を利用するが、そうできなければ外国からの投資を募る。すでにこのプロジェクトに外国の投資家は大きな関心を示している。・・・インドネシアは、・・・あらゆる諸国の投資に門戸を開いている。私にとって、人々に雇用を与え、よりよい生活を提供するために、経済成長を実現することは極めて重要だ」。

東南アジアとイスラム国
―― アジアのジハード主義とイスラム国

2016年3月号 ジョセフ・チンヨン・リョー 南洋理工大学 国際関係大学院学院長

2016年1月14日、イスラム国によるテロがジャカルタで起きた。テロを計画したのは、数年前にシリアに向かったインドネシア国籍のバールン・ナイム。テロは「東南アジアにおけるイスラム国の指導者」を自任するナイムの主張を立証するための示威行動だったと考えられている。実際には、イラクやシリアのイスラム国指導者たちは、現状では東南アジアを拠点として重視していないし、イスラム国のイデオロギーが東南アジアで支持されているわけでもない。ジェマ・イスラミアとインドネシアのイスラム国支持派の対立は良く知られている。だが、二つの組織が、イデオロギー的に和解することはなくても、戦術的な同盟関係を結ぶ可能性は排除できない。分裂している親イスラム国支持グループを連帯させようとする動きもある。だが本当の危険は、イスラム国の出現によって、インドネシア国内のジハード主義集団や過激派のネットワークに、フィリピンやマレーシアの過激派が参加し、さらなる社会暴力が引き起こされることだろう。

2017年7月号

Current Issues

Focal Points アーカイブ

Focal Points

過去のトップページ特集

Focal Points アーカイブ

最新のSubscribers' Only公開論文

論文データベース

本誌最新号紹介

2017年7月号(2017年7月10日発売)

Contents

  • グローバル化の失速と世界経済の未来
    ―― グローバル経済をポピュリズムから救い出すには

    フレッド・フー マイケル・スペンス

  • ビジョンが支える米戦略への転換を
    ―― アメリカファーストと責任ある外交の間

    リチャード・ハース

  • 情報機関と米大統領
    ―― 相互信頼の再確立を

    ジャミ・ミシック

  • 政治分裂を修復するには
    ―― 政治的分裂を民主主義の再生につなげるには

    スザンヌ・メトラー

  • スマート化するエネルギー・電力産業
    ―― 技術革新がもたらす機会とリスク

    デビッド・ビクター カッシア・ヤノセック

  • インドネシアを切り裂く民族・宗教政治
    ―― 脅かされる多元主義と社会的調和

    シドニー・ジョーンズ

  • ドイツのソーシャルメディア規制
    ―― ヘイトスピーチVS.言論の自由

    ハイジ・ツーレック

  • ブレグジット後の連合王国
    ―― 先進小国のケースから何を学べるか

    マイケル・オサリバン デビッド・スキリング

他全11本掲載

Page Top