2018.10.19 Fri

デジタル経済圏の地政学
―― デジタルグローバル化にどう備えるか

デジタル革命を担うのは、人間の頭脳を代替する人工知能(AI)だ。本質的に、人間レベルのAIは人間ができることすべてをより巧みに遂行できる。おそらくロボットはすべての仕事の4分の1(25%)以上を担うことになると考えられている。・・・これに比べれば、中国の台頭などの21世紀の地政学的動向は、あと20年もすれば、どれも、取るに足らぬ問題にすぎなくなる。どの国が世界最高のAIを保有しているかですべては決まるし、政府形態も流動化していく。(ドラム)

デジタルグローバル化は、イノベーションと生産性を高め、かつてない情報アクセスを提供することで、世界中の消費者とサプライヤーを直接結びつけることができる。だが、これも破壊的プロセスを伴う。特定の経済部門や雇用が消滅する一方で、新たな勝者が生まれるだろう。企業と政府は、新しいグローバル化に派生する迫り来る破壊に備える必要がある。(ルンド、タイソン)

グーグル、フェイスブック、アマゾンなどの「デジタルスーパースター企業」は、企業であるとともに、膨大な顧客データを占有する市場でもある。消費者の好みや取引について、運営会社がすべての情報を管理し、そのデータを使って独自の意思決定アシスタントに機械学習をさせている。・・・データが共有されれば、複数のデジタル企業が同一データから最善の洞察を得ようと競い合うようになり、デジタル市場は分散化され、イノベーションも刺激されるはずだ。(メイヤー=ションバーガー、ランゲ)

テクノロジー・ワールド
―― 地政学革命としての人工知能

2018年7月号 ケビン・ドラム マザージョーンズ スタッフライター

産業革命は世界を変えたが、機械が人間の筋肉の代役を果たすようになっただけで、人の頭脳が依然として必要とされたために、高賃金雇用が数多く創出された。しかしデジタル革命を担うのは、人間の頭脳を代替する人工知能(AI)だ。本質的に、人間レベルのAIは人間ができることすべてをより巧みに遂行できる。おそらくロボットはすべての仕事の4分の1(25%)以上を担うことになると考えられている。しかも、真に開花するまでに100年以上を要した産業革命とは違って、デジタル革命による雇用喪失はわずか数十年で加速していく。これに比べれば、中国の台頭などの21世紀の地政学的動向は、あと20年もすれば、どれも、取るに足らぬ問題にすぎなくなる。どの国が世界最高のAIを保有しているかですべては決まるし、政府形態も流動化していく。

変化する貿易と経済地図
―― デジタルグローバル化にどう備えるか

2018年7月号 スーザン・ルンド マッキンゼー・アンド・カンパニー  パートナー、ローラ・タイソン カリフォルニア大学 バークレー校経営大学院教授(経済学)

グローバル化は反グローバル化に道を譲ったのではなく、新しい段階に入ったにすぎない。モノのグローバル化から最大の恩恵を引き出した政治・経済エリートと、最大の余波にさらされた労働者コミュニティーが激しい論争を展開している間にも、デジタルテクノロジーが支える新しいグローバル化が急速に進展している。デジタルグローバル化は、イノベーションと生産性を高め、かつてない情報アクセスを提供することで、世界中の消費者とサプライヤーを直接結びつけることができる。だが、これも破壊的プロセスを伴う。特定の経済部門や雇用が消滅する一方で、新たな勝者が生まれるだろう。企業と政府は、新しいグローバル化に派生する迫り来る破壊に備える必要がある。

デジタル企業の市場独占と消費者の利益
―― 市場の多様性とレジリエンスをともに高めるには

2018年10月号 ビクター・メイヤー=ションバーガー オックスフォード大学教授 (インターネット・ガバナンス・規制)、トーマス・ランゲ 独ブランドアインズ誌テクノロジー担当記者

グーグル、フェイスブック、アマゾンなどの「デジタルスーパースター企業」は、企業であるとともに、膨大な顧客データを占有する市場でもある。消費者の好みや取引について、運営会社がすべての情報を管理し、そのデータを使って独自の意思決定アシスタントに機械学習をさせている。買い手は「おすすめ」と選択肢の示され方に大きな影響を受ける。こうした市場は、レジリエントで分散化された伝統的市場よりも、計画経済に近い。しかも、状況を放置すれば、このデジタル市場は、外からの意図的な攻撃や偶発的な障害によってシステムダウンを起こしやすくなる。だが、必要なのは企業分割ではない。むしろ、スーパースター企業が集めたデータを匿名化した上で、他社と共有するように義務づけるべきだろう。データが共有されれば、複数のデジタル企業が同一データから最善の洞察(インサイト)を得ようと競い合うようになり、デジタル市場は分散化され、イノベーションも刺激されるはずだ。

2018年10月号レビュー

Current Issues

Focal Points アーカイブ

Focal Points

過去のトップページ特集

Focal Points アーカイブ

最新のSubscribers' Only公開論文

論文データベース

本誌最新号紹介

2018年10月号(2018年10月10日発売)

Contents

  • トランプ流外交の悪夢
    ―― 外交と「取引」の間

    フィリップ・ゴードン

  • イラン制裁が同盟関係を揺るがす
    ―― 同盟関係の動揺と米中関係の行方

    ピーター・ハレル

  • 米欧関係に生じた大きな亀裂
    ―― 金融自立と新同盟を模索するヨーロッパ

    ソーステン・ベナー

  • デジタル企業の市場独占と消費者の利益
    ―― 市場の多様性とレジリエンスをともに高めるには

    ビクター・メイヤー=ションバーガー 、トーマス・ランゲ

  • 金融危機の忘れ去られた歴史
    ―― そして、いかに米欧の絆は失われたか

    アダム・トゥーズ

  • 次なるサイバー超大国 中国
    ―― 主導権はアメリカから中国へ

    アダム・シーガル

  • 新アラブ秩序を規定する恐れと野望
    ―― 安全保障のジレンマに支配された中東

    マーク・リンチ

  • ナイル川の水争奪戦と中東地政学
    ―― 地域を超えた重層的課題にどう対処するか

    マイケル・ワヒッド・ハンナ、ダニエル・ベナイム

他全9本掲載

Page Top