J. Louis Bryson / Shutterstock.com

2018.4.23 Mon

グローバル「#MeToo」ムーブメント
――女性の権利確立を促すグローバルな好循環

「#MeToo」はアメリカで起きている出来事と結びつけられたグローバルなムーブメントだ。ソーシャルメディアで流された#MeTooというハッシュタグがもつ意味合いを世界は直ちに受け入れ、アラビア語、ペルシア語、ヒンディー語、スペイン語を含む複数の言語で、同じムーブメントが展開されている。現在、85か国の女性たちがこのハッシュタグを使って、変革を求めている。あまりに長い間抑え込まれてきた彼女たちの痛ましいストーリーが、変革を促す一貫した、断固たる流れを作り出しつつある。(マーダビ)

2013年に経済協力開発機構(OECD)は、少なくとも先進諸国で労働力人口上の男女間バランスが形成されれば、国内総生産(GDP)は12%上昇するとの予測を示した。しかし、世界銀行によると、世界155カ国で女性の経済活動は依然として何らかの形で制限されている。例えば、財産権の制限、就業への同意を配偶者から得る義務、契約や融資契約の締結禁止などだ。この現状を変えていくことが、社会と経済を変える大きなきっかけとなる。(ボーゲルシュタイン)

サウジでは女性が自分で何かを選択できることはほとんどなく、常に男性後見人の判断に従わなくてはならない。後見人制度はサウジ経済にも悪影響を与えている。女性が労働力に参入しない限り、今後、サウジの家計所得は今後20%減少し、一方で女性の労働が認められれば60%増加すると予測されている。政府は労働法を見直して、後見人の許可がなくても、女性が働けるようにしたが、法改正が徹底されていないために、ほとんどの企業は後見人の同意なしで女性を雇うことはない。・・・(アルドサリ)

「#MeToo」はアメリカで起きている出来事と結びつけられたグローバルなムーブメントだ。ソーシャルメディアで流された#MeToo(ミィトゥー)というハッシュタグがもつ意味合いを世界は直ちに受け入れ、アラビア語、ペルシア語、ヒンディー語、スペイン語を含む複数の言語で、同じムーブメントが展開されている。現在、85か国の女性たちがこのハッシュタグを使って、変革を求めている。メッセージの拡散を支えているのは、ソーシャルメディアだけではない。各国におけるこれまでの女性ムーブメントも同様に重要な役割を果たしている。女性たちが団結して声を上げるなか、あまりに長い間抑え込まれてきた彼女たちの痛ましいストーリーが、変革を促す一貫した、断固たる流れを作り出しつつある。

女性を経済活動に参加させよ
―― 女性が経済成長を支える

2018年2月号 レイチェル・ボーゲルシュタイン

女性の権利向上を目指す活動家たちは、長年にわたって、男女平等を道徳的な問題として訴えてきた。しかし現在のグローバル経済において、女性の経済参加を妨げる障壁を取り除くことは、経済戦略からみても合理性がある。実際、女性の労働力への参加と経済成長の間に相関関係があると指摘する研究の数は増えている。2013年に経済協力開発機構(OECD)は、少なくとも先進諸国で労働力人口上の男女間バランスが形成されれば、国内総生産(GDP)は12%上昇するとの予測を示した。しかし、世界銀行によると、世界155カ国で女性の経済活動は依然として何らかの形で制限されている。例えば、財産権の制限、就業への同意を配偶者から得る義務、契約や融資契約の締結禁止などだ。この現状を変えていくことが、社会と経済を変える大きなきっかけとなる。

サウジでは女性が自分で何かを選択できることはほとんどなく、常に男性後見人の判断に従わなくてはならない。女性が自分の人生を管理できるとすれば、後見人がその女性の意思を尊重してくれる場合だけだ。女子校の関係者は緊急時でも救急車や消防士を敷地内に入れることはできない。刑務所も、男性後見人の同意がなければ女性を釈放できない。後見人制度はサウジ経済にも悪影響を与えている。女性が労働力に参入しない限り、今後、サウジの家計所得は今後20%減少し、一方で女性の労働が認められれば60%増加すると予測されている。政府は労働法を見直して、後見人の許可がなくても、女性が働けるようにしたが、法改正が徹底されていないために、ほとんどの企業は後見人の同意なしで女性を雇うことはない。・・・・

2018年4月号

Current Issues

Focal Points アーカイブ

Focal Points

過去のトップページ特集

Focal Points アーカイブ

最新のSubscribers' Only公開論文

論文データベース

本誌最新号紹介

2018年4月号(2018年4月10日発売)

Contents

  • 対中幻想に決別した新アプローチを
    ―― 中国の変化に期待するのは止めよ

    カート・キャンベル、イーライ・ラトナー

  • 中国のエネルギー地政学
    ―― クリーンエネルギーへの戦略的投資

    エイミー・マイヤーズ・ジャッフェ

  • 対中冷戦戦略の誤謬
    ―― 対中協調の余地は残されている

    マイケル・D・スワイン

  • ティラーソンからポンペオへ
    ―― 米国務省を救うには

    スチュワート・パトリック

  • 大統領と核兵器
    ―― 核兵器発射プロセスの見直しを

    リチャード・K・ベッツ、マシュー・C・ワックスマン

  • 何が米戦略の立案を阻んでいるのか
    ―― ホワイトハウスとペンタゴンの対立

    ジュリアン・スミス、ローレン・デヨング・シュルマン

  • 同盟関係と国際機関の価値に目を向けよ
    ―― 大国間競争で勝利を収めるには

    ベン・ステイル

  • プーチノミクスの驚くべき成功
    ―― 成長よりも安定を重視する狙いは何か

    クリス・ミラー

他全12本掲載

Page Top