Everett Historical / Shutterstock.com

2019.7.16 Tue

福祉国家の崩壊とナショナリズムの台頭
―― 資本主義を制御できる政治形態の模索

1980年代以降、先進国のエリートたちは、政策決定を市民への説明責任を負わない官僚や超国家組織に委ねてしまった。これが、欧米で「ポピュリスト・ナショナリズム」を急激に台頭させる環境を作り出した。・・・ナショナリズムジレンマを解くには、国家レベルでの民主的説明責任といった戦後リベラリズムの基本的やり方を復活させなければならない。(スナイダー)

70年代末以降の新自由主義が招き入れた現状は、まさにマルクスの予測を裏付けている。今日における最大の課題は、「人類が考案したもっともダイナミックな社会システムである」資本主義の弊害を制御できる新たな政治システムを特定することにある。しかし、そのためには先ず、社会民主的政策を含めて、過去に答が存在しないことを認識しなければならない。(バーギーズ)

ハイエクやミーゼスを中心とするレッセフェールを守ろうとするネオリベラルのエコノミストたちは、(政府の経済への介入を求める)民主的大衆のパワーも抑え込もうと試みた。彼らが見出した答は国家による恣意的な経済への介入を防ぐための「超国家主義」だった。1995年、ネオリベラルたちはWTOの設立によってついに勝利を手にする。・・・(ワートハイム)

福祉国家の崩壊とナショナリズムの台頭
―― ナショナリズムはいかに復活したか

2019年3月号 ジャック・スナイダー コロンビア大学教授(国際関係論)

1980年代以降、先進国のエリートたちは、かつて政府が資本主義を制御するのを可能にした(社会保障制度などの)政治的管理体制を新自由主義の名の下に段階的に解体し始め、国の民主的体制を国際市場のロジックに適合するように見直しただけでなく、政策決定を市民への説明責任を負わない官僚や超国家組織に委ねてしまった。これが、欧米で「ポピュリスト・ナショナリズム」を急激に台頭させる環境を作り出した。ナショナリズムジレンマを解くには、レッセフェール政策そして説明責任を負わない超国家主義を放棄し、国家レベルでの民主的説明責任、競合する優先課題をめぐる妥協、そして国際機関との経済的調整といった戦後リベラリズムの基本的やり方を復活させなければならない。

マルキスト・ワールド
―― 資本主義を制御できる政治形態の模索

2018年8月号 ロビン・バーギーズ オープンソサエティ財団・経済促進プログラム アソシエートディレクター

共産主義モデルを取り入れた国が倒れ、マルクスの政治的予測が間違っていたことがすでに明らかであるにも関わらず、その理論が、依然として鋭い資本主義批判の基盤とされているのは、「資本主義が大きな繁栄をもたらしつつも、格差と不安定化をもたらすメカニズムを内包していること」を彼が的確に予見していたからだ。欧米が20世紀半ばに社会民主的な再分配政策を通じて、資本主義を特徴づけたこれらの問題を一時的に制御することに成功して以降の展開、特に、70年代末以降の新自由主義が招き入れた現状は、まさにマルクスの予測を裏付けている。今日における最大の課題は、「人類が考案したもっともダイナミックな社会システムである」資本主義の弊害を制御できる新たな政治システムを特定することにある。しかし、そのためには先ず、社会民主的政策を含めて、過去に答が存在しないことを認識しなければならない。・・・

資本にとって安全な世界を求めて
―― ハイエク、ネオリベラルと超国家主義の模索

2019年7月号 スティーブン・ワートハイム コロンビア大学 アシスタントプロフェッサー(歴史学)

ハイエクやミーゼスを中心とするレッセフェールを守ろうとするネオリベラルのエコノミストたちは、ファシズムや共産主義だけでなく、(政府の経済への介入を求める)民主的大衆のパワーも抑え込もうと試みた。「どうすれば大衆民主主義から財産権を守れるか」。この課題は、1914年にヨーロッパが大戦に陥った瞬間に明らかになり、帝国が崩壊して、国民国家が数多く誕生したことでさらに深刻になった。彼らが見出した答は国家による恣意的な経済への介入を防ぐための「超国家主義」だった。戦後における最大の脅威を、東側の共産主義や西側の保護主義以上に、第3世界の経済ナショナリズムに求めたネオリベラルもいた。1995年、ネオリベラルたちはWTOの設立によってついに勝利を手にする。・・・

Current Issues

Focal Points アーカイブ

Focal Points

過去のトップページ特集

Focal Points アーカイブ

最新のSubscribers' Only公開論文

論文データベース

本誌最新号紹介

2019年7月号(2019年7月10日発売)

Contents

  • 人口動態と未来の地政学
    ―― 同盟国の衰退と新パートナーの模索

    ニコラス・エバースタット

  • オートメーションとグローバル経済構造
    ―― 世界経済の次の勝者は

    スーザン・ルンド 、 ジェームズ・マニュイカ 、マイケル・スペンス ニューヨーク大学教授(経済学)

  • 失われた覇権
    ―― いかにアメリカは覇権を喪失したか

    ファリード・ザカリア

  • トランプとロシア
    ―― 愚かなるがゆえの無罪

    スティーブン・コトキン

  • 資本にとって安全な世界を求めて
    ―― ハイエク、ネオリベラルと超国家主義の模索

    スティーブン・ワートハイム

  • CFR Events
    米中貿易戦争は続く
    ―― その政治的、経済的意味合い

    エドワード・オールデン

  • 一帯一路が作り出した混乱
    ―― 誰も分からない「世紀のプロジェクト」の実像

    ユェン・ユェン・アン

  • トランプ外交は誰を追い込んだのか
    ―― イラン、中国、北朝鮮それともアメリカ

    フィリップ・ゴードン

他全9本掲載

Page Top