Kolonko / Shutterstock.com

2024.6.22 Sat

脱グローバル化という危険な神話
―― ピーク・チャイナという幻想

世界の貿易と金融は、中国を中心に南半球に広がるブロック、アメリカやその他の欧米諸国を中心とするブロックによって分断され、ますます敵対的になっていると現状をみなすべきなのか。実際には、より多くの中国製部品が最終組み立てのために、マレーシア、タイ、ベトナムなどへ輸出され、これらの諸国からの対米輸出が急増しているにすぎない。(セッツァー)

経済的に衰退する中国には、もはや「かつてのような力はない」のか。現実には、中国共産党は、大方の予測を覆して、危機をうまく切り抜けることが多く、習近平は現在の経済状況について心配していない。(メデイロス)

アメリカを追い越すどころか、中国は長い不況に突入する可能性が高く、「失われた10年」を経験するのかもしれない。中国経済の今後をこう捉える悲観派の見方は状況を誤認している。中国は今後も世界の経済成長の約3分の1に貢献し、特にアジアでの経済的影響力を高めていくはずだ。(ラーディ)

脱グローバル化という危険な神話
―― グローバル経済の真の姿

2024年7月号 ブラッド・セッツァー 米外交問題評議会シニアフェロー

世界の貿易と金融は、中国を中心に南半球に広がるブロック、アメリカやその他の欧米諸国を中心とするブロックによって分断され、ますます敵対的になっていると現状をみなすべきなのか。実際には、より多くの中国製部品が最終組み立てのために、マレーシア、タイ、ベトナムなどへ輸出され、これらの諸国からの対米輸出が急増しているにすぎない。脱グローバル化が現実に進行しているという前提には問題があるし、世界経済の現状での統合レベルを過小評価すれば、台湾をめぐる紛争やアメリカの一方的な貿易からの後退など、世界経済を揺るがす行動のコストを過小評価することにつながる。世界の指導者たちは、自国経済のレジリエンスを高める措置をとるべきだが、まず、そうした措置の真のコストを理解するために、現状を正しく理解する必要がある。

ピーク・チャイナという幻想
―― 中国パワーの現実

2024年6月号 エヴァン・S・メデイロス 元米国家安全保障会議 アジア上級部長

経済的に衰退する中国には、もはや「かつてのような力はない」のか。現実には、中国共産党は、大方の予測を覆して、危機をうまく切り抜けることが多く、習近平は現在の経済状況について心配していない。むしろ、現状は、より強く、持続可能な経済になるための成長痛を経験しているようなもので、近代化目標に向かって突き進めるように、経済を再構築するための厳しい選択をしていると北京では考えられている。中国の指導者たちは、自国がピークアウトしたかどうかは心配していない。たとえ成長のペースは鈍化しても、米中間のギャップは縮まり続けていると確信している。

中国経済は成長を続ける
―― 悲観派を惑わす4つの誤解

2024年5月号 ニコラス・R・ラーディ ピーターソン国際経済研究所 シニアフェロー

アメリカを追い越すどころか、中国は長い不況に突入する可能性が高く、「失われた10年」を経験するのかもしれない。中国経済の今後をこう捉える悲観派の見方は状況を誤認している。中国は今後も世界の経済成長の約3分の1に貢献し、特にアジアでの経済的影響力を高めていくはずだ。ワシントンがこの流れを過小評価すれば、アジアのパートナーとの経済・安全保障関係の深化を維持していくアメリカの能力を過大評価することになるだろう。中国経済の先行きを懸念する人が指摘する、家計支出の低迷、民間投資の減少、デフレの定着などはすべて状況を誤認している。

Current Issues

Focal Points アーカイブ

Focal Points

過去のトップページ特集

Focal Points アーカイブ

最新のSubscribers' Only公開論文

論文データベース

本誌最新号紹介

2024年6月号(2024年6月10日発売)

Contents

  • 強大化する反欧米枢軸
    中露・イラン・北朝鮮の目的は何か

    アンドレア・ケンドール=テイラー、リチャード・フォンテーヌ

  • ロシアの未来と米中露関係
    五つのシナリオに備えよ

    スティーブン・コトキン

  • ピーク・チャイナという幻想
    中国パワーの現実

    エヴァン・S・メデイロス

  • 東アジアの少子高齢化と地政学
    世界政治はどう変化するか

    ニコラス・エバースタット

  • イギリスと世界
    労働党の世界へのアプローチ

    デービッド・ラミー

  • アラブストリートの反乱
    民衆の怒りが米外交を揺るがす

    マーク・リンチ

  • イスラエルの次なる戦線?
    レバノンをめぐるイラン、ヒズボラとの戦争

    マハ・ヤヒヤ

  • 中東に忍び寄るドラッグの脅威
    カプタゴンからメタンフェタミンへ

    バンダ・フェルバブ=ブラウン

他全8本掲載

Page Top