Spinel / shutterstock.com

2018.6.22 Fri

欧米経済の衰退と民主的世紀の終わり
―― 拡大する「権威主義的民主主義」の富とパワー

現在、世界の1人当たり所得のトップ15カ国のうち、ほぼ3分の2が非民主国家で、イラン、カザフスタン、ロシアなど、どちらかと言えばうまくいっていない権威主義国家でさえ、1人当たり所得は2万ドルを超えている。中国の20年前の1人当たり所得は相当低かったが、最近では急速に上向いている。いまや「権威主義的近代性」のなかで暮らす人は数億人に達している。成功した経済モデルを採り入れることを望む、そう豊かでない世界の国々にとって「権威主義的近代性」を実現する国々の目を見張るような成長は、もはやリベラルな民主主義だけが豊かさへ至る唯一の道ではないことを示している。(モンク、フォア)

ポピュリズムの台頭をグレートリセッションで説明しようとしても、十分なものにはなり得ない。過去のケースをみても、金融危機後の5―6年間は極右の政治運動が台頭しているが、8―10年経過するとその余波はほとんどなくなる。だが今回は違う。金融危機から8年を経た現状で、ポピュリズムが大きなうねりをみせ、今後も勢いを増していきそうだ。さらに言えば、ポピュリストの政党や政治家は2008年よりもはるか前から頭角を現していた。金融危機がポピュリズムの台頭を後押ししたのは事実だが、金融危機ではポピュリズムの台頭は説明できない。むしろ、われわれは新しい時代へのシフト、この半世紀にわたってわれわれが当然視するようになった民主的安定という、かつてない時代の終わりの始まりを目の当たりにしているのかもしれない。(モンク)

戦争に敗れたとはいえ、権威主義的なナチスドイツと帝国日本の体制が仮に戦後も存続していたら、どうなっていただろうか。民主主義の体制に比べて、そのシステムが明らかに見劣りしていたとは断言できないのではないか。権威主義的な体制下では縁故主義が横行し、説明責任も果たされないままに終わることも多いが、高度な社会規律によって、こうした欠陥を埋め合わせることもできたかもしれない。全般的にみて、権威主義体制下の資本主義のほうが民主体制下の資本主義よりも効率が高い。(日独という)権威主義的資本主義国家が戦後も存続していれば、アメリカにとって、共産主義の中央統制経済以上に大きな脅威と課題をわれわれに突きつけていたかもしれない。(ガット )

欧米経済の衰退と民主的世紀の終わり
―― 拡大する「権威主義的民主主義」の富とパワー

2018年6月号 ヤシャ・モンク ハーバード大学講師(行政学)、ロベルト・ステファン・フォア メルボルン大学講師(政治学)

北米、西ヨーロッパ、オーストラリア、そして日本という、第二次世界大戦後にソビエトに対抗して西側同盟を形成した民主国家は、19世紀末以降、世界の所得の大半を占有する地域だった。しかしいまや、この1世紀で初めて、これらの国が世界の国内総生産(GDP)に占める割合は半分を割り込んでいる。国際通貨基金(IMF)は、今後10年もすれば、その比率はかつての3分の1へ落ち込むと予測している。今後を見通す上で現実的なシナリオは二つしかない。一つは中国を含む、世界でもっともパワフルな独裁国家の一部がリベラルな民主国家に移行すること。もう一つは、民主主義の支配的優位の時代が、敵対する政治体制との闘争という新時代が到来するまでの幕間の出来事に過ぎなかったことが立証されることだ。いずれの場合も、欧米民主主義の時代が終わりを迎えるのは避けられない。

民主的安定という かつてない時代の終わり
―― 非自由主義的代替モデルとトランプの台頭

2017年2月号 ヤシャ・モンク ハーバード大学講師(政治理論)

われわれは新しい時代へのシフト、つまり、この半世紀にわたってわれわれが当然視するようになった民主的安定という、かつてない時代の終わりの始まりを目の当たりにしているのかもしれない。これまでと違うのは民主主義に対する代替モデルが生まれていることだ。プーチンは、すでに他国が模倣できるような「非自由主義的な民主主義モデル」を確立している。つまり、リベラルな民主主義は、1930年代のファシズム、1950年代の共産主義のような、イデオロギー上のライバルに再び直面している。しかも、トランプ大統領の誕生で、この半世紀で初めて、世界でもっともパワフルな国が、リベラルな民主的価値の促進や世界のリベラルな民主国家を脅威から守ることにコミットしなくなる恐れがある。・・・

Classic Selection
21世紀は権威主義的資本主義大国の時代になるのか

2007年8月号 アザル・ガット テルアビブ大学教授

現在の中国とロシアは、日独が第二次世界大戦に敗れた1945年以降、姿を消していた権威主義的資本主義パワーの再来にほかならない。日独の場合、アメリカを相手にするには、人口、資源、潜在力があまりに小さすぎたが、中国とロシアは、日独よりもはるかに国家規模が大きいし、そもそも、権威主義体制下の資本主義のほうが民主体制下の資本主義よりも効率が高い。実際、日独という権威主義的資本主義国家が戦後も存続していれば、アメリカにとって、共産主義中央統制経済のソビエト以上に大きな脅威と課題をつくりだしていたかもしれない。中国とロシアに代表される権威主義的な資本主義国家が、近代性の進化をめぐってリベラルな民主主義の代替策を提示することになるかもしれないし、グローバル経済に自分のルールで関与するようになるかもしれない。リベラルな民主主義が、最終的に勝利を収めるという保証はどこにもなく、権威主義的資本主義がリベラルな民主主義に代わる魅力的な選択肢とみなされるようになる可能性もある。

2018年6月号

Current Issues

Focal Points アーカイブ

Focal Points

過去のトップページ特集

Focal Points アーカイブ

最新のSubscribers' Only公開論文

論文データベース

本誌最新号紹介

2018年6月号(2018年6月10日発売)

Contents

  • 欧米経済の衰退と民主的世紀の終わり
    ―― 拡大する「権威主義的民主主義」の富とパワー

    ヤシャ・モンク 、ロベルト・ステファン・フォア

  • 習近平革命の本質と衝撃
    ―― 外交と内政の垣根を取り払った権威主義国家

    エリザベス・エコノミー

  • 権威主義国家の中国的特質
    ―― 中国流政治改革の教訓は何か

    ユェン・ユェン・アン

  • 北東アジアの地政学と北朝鮮問題
    ―― 米朝二国間ゲームと多国間ゲームの間

    マイケル・グリーン

  • 米朝間の立場の違いと韓国の立場
    ―― 非核化に向けた今後の課題

    文正仁

  • グローバル金融を蝕むタックスヘイブン
    ―― 犯罪と格差の象徴を粉砕するには

    ニコラス・シャクソン

  • 次期サウジ国王の野望と夢
    ―― 壮大な社会・経済改革の行方

    F・グレゴリー・ゴースIII

  • グローバル化するオピオイドの脅威
    ―― 危険な薬剤のグローバル化がなぜ起きているか

    キース・ハンフリーズ 、ジョナサン・P・コールキンス、 バンダ・フェルバブ=ブラウン

他全10本掲載

Page Top