rawf8 / Shutterstock.com

2018.7.18 Wed

米中が規定する北東アジア地政学
―― 覇権競争、北朝鮮、台湾

現状ではアメリカの地位と立場の失墜が中国にチャンスを与えている。しかし・・・アメリカは依然として他を寄せ付けぬ強国だ。しかも、これは純粋な二国間のゲームではない。アメリカは中国の台頭を許容しつつも、ヨーロッパ、日本、インド、ブラジルを含むその他多くの国の成長を促進した。これらのプレイヤーの多くがアメリカのリーダーシップの一部に苛立ち、中国の投資を求めているとしても、中国への服従を北京に強制されるよりも、現在の(米主導の)アレンジメントを好ましいとみなすかもしれない。(コトキン)

北京は段階的な非核化交渉、さらには緊張を緩和する平和条約の締結に向けた交渉を望んでいる。朝鮮戦争の紛争の当事国ではない日本を交渉から除外すること、さらには、米軍基地の存在やミサイル防衛システムの配備、さらには日米韓の三カ国防衛協力に反対する勢力を勢いづけたいと考えている。北朝鮮の脅威が実質的に低下するかどうかに関係なく、習はアメリカの同盟関係を機能不全に追い込むような外交プロセスを開始することが好ましいと考えている。憶測を違えた平和条約や検証措置を欠く核合意を根拠に、トランプが時期尚早に韓国からの米軍撤退を提案するのが壊滅的な間違いである理由はここにある。(グリーン)

トランプがアメリカと台湾の関係を大幅に格上げすれば、この動きは台湾では大いに歓迎されるだろう。しかし、蔡はそのような変化を受け入れる誘惑に耐えた方が賢明だ。誘惑に負ければ、台湾は「ワシントンの中国対抗策における人質(手駒)」にされてしまうことを認識すべきだろう。その言動にまとまりがなく、極度に混乱しているトランプ政権は、信頼できるパートナーではないし、アメリカファーストを支持するトランプの支持基盤からみても、アメリカが台湾のために中国と戦争するとは考えにくい。蔡が慎重路線に立ち返り、包括的で長期的な安全保障を最優先に考えることが、台湾の利益に合致するはずだ。(リンチ)

リアリスト・ワールド
―― 米中の覇権競争が左右する世界

2018年7月号 スティーブン・コトキン プリンストン大学教授(歴史学)

この1世紀で非常に深遠な変化が起きたとはいえ、現在の地政学構造は、一つの重要な例外を別にすれば、1970年代、あるいは1920代のそれと比べて、それほど変わらない。それは、アジアのパワーバランスの鍵を握るプレイヤーとして、中国が日本に取って代わったことだ。中国が力をつけているのに対して、アメリカとその他の先進民主国家は政治が機能不全に陥り、将来に向けてパワーを維持できるかどうか、はっきりしなくなっている。もちろん、現状から直線を引いて今後を予測するのは危険だが、中国の台頭を予見した19世紀初頭の予測は、間違っていたのではなく、時期尚早なだけだったのかもしれない。すでに中国の勢力圏は拡大を続けており、現在問われているのは、中国が他国を手荒く扱ってでもルールを設定・強制しようするか、あるいはアメリカがグローバルなリーダーシップを中国と共有していくかどうかだろう。

北東アジアの地政学と北朝鮮問題
―― 米朝二国間と多国間ゲームの間

2018年6月号 マイケル・グリーン 戦略国際問題研究所  シニア・バイスプレジデント(アジア担当)

金正恩の真意は、「非核化に応じた場合に得られる特権」を何の譲歩をすることもなく引き出すことにあるのかもしれない。平壌が今回の首脳会談で望んでいるのは、核保有国として受け入れられること、そして、経済制裁を緩和させることだろう。結局、金正恩は非核化を口にしつつも、交渉を通じて妥協と見返りを段階的に繰り返し、再びエスカレーション策をとれるようになるまで時間稼ぎをするつもりかもしれない。さらに重要なのは、中国の立場だ。習近平は、外交交渉を通じて、北朝鮮の脅威が実質的に低下するかどうかよりも、朝鮮半島からの米軍撤退のような、アメリカの同盟関係を機能不全に追い込むような外交プロセスを開始することが好ましいと考えている。北朝鮮問題の一方で、北東アジアの今後の地政学をめぐるゲームが展開されることを忘れてはならない。

トランプの台湾カードと台北
―― 急旋回する米中台関係

2018年5月号 ダニエル・リンチ 香港城市大学教授(アジア・国際研究)

中台関係と米中関係の緊張が同時に高まっている。中国は台湾海峡に空母を、この島の上空近くに頻繁に戦闘機を送り込んでいるだけでなく、中国の外交官は「米海軍の艦船が高雄港に寄港すれば、中国軍は直ちに台湾を武力統合する」とさえ警告している。一方ワシントンでは、台湾カードを切ることを求めるジョン・ボルトンが大統領補佐官に就任した。いずれトランプ政権が、中国との軍事衝突を引き起こしかねないやり方で台湾カードを切る可能性は現に存在する。トランプがアメリカと台湾の関係を大幅に格上げすれば、この動きは台湾では大いに歓迎されるだろう。しかし、蔡英文はそのような変化を受け入れる誘惑に耐えた方がよい。誘惑に負ければ、台湾は「ワシントンの中国対抗策における人質」にされてしまう。

2018年7月号

Current Issues

Focal Points アーカイブ

Focal Points

過去のトップページ特集

Focal Points アーカイブ

最新のSubscribers' Only公開論文

論文データベース

本誌最新号紹介

2018年7月号(2018年7月10日発売)

Contents

  • テクノロジー・ワールド
    ―― 地政学革命としての人工知能

    ケビン・ドラム

  • ゲノム編集の進化とリスク
    ―― ジェニファー・ダウドナとの対話

    ジェニファー・ダウドナ

  • ゲノム編集を人類の恩恵にするには
    ―― クリスパーが世界を変える

    ビル・ゲイツ

  • リアリスト・ワールド
    ―― 米中の覇権競争が左右する世界

    スティーブン・コトキン

  • リベラルワールド
    ―― リベラルな秩序が今後も続く理由

    ダニエル・デュードニー、ジョン・アイケンベリー

  • 破綻したプーチンの統治モデル
    ―― 情報機関の没落と恐怖政治の復活

    アンドレイ・ソルダトフ

  • 一帯一路戦略の挫折
    ―― 拡大する融資と影響力の不均衡

    ブッシュラ・バタイネ、マイケル・ベノン、フランシス・フクヤマ

  • イランの孤立と米シリア戦略
    ―― なぜ親アサド同盟は分裂したか

    イラン・ゴールドバーグ、ニコラス・A・ヘラス

他全11本掲載

Page Top