okawa somchai / shutterstock.com

2018.6.20 Wed

薬剤耐性という大いなる脅威
―― 医療の現場で何が起きているか

複数あるいは全ての薬剤への耐性を持つ菌株である「スーパーバグ」を封じ込めなければ、世界は「ポスト抗生物質時代」に向かい、2050年までに最大で1000万人が死亡する危険があると指摘している。抗生物質やその他の抗菌剤に対する耐性は、世界経済にも重大な損害をもたらしかねない。世界銀行は、抗菌薬耐性菌を原因とする疾患によって2030年までに毎年1兆ドルから3兆ドル相当の経済生産のロスが生じると試算し、特に貧しい国にその悪影響が集中する恐れがあると指摘している。(フェルター )

オピオイドは慢性的な痛みを抑えるために長期的に処方されると、問題を引きおこす。依存リスクを高めるとともに、耐性が形成されるために、初期と同じ効果を求めて服用量が増える。オピオイドが非常に危険なのは、致死量と通常の摂取量の間に僅かな違いしかないことだ。2000―16年にオピオイドの過剰摂取によって死亡したアメリカ人の数は、第一次世界大戦と第二次世界大戦のアメリカ人犠牲者の合計を上回っている。(ハンフリーズ、コールキンス、ブラウン)

食肉に対する貪欲な国際需要により、畜産業者は養豚場、養鶏場、牧場の限られたスペースに可能な限り多くの家畜を詰め込むようになった。近代的な家畜生産方法は食肉生産量を最大化するが、家畜たちは必要以上の感染のリスクにさらされる。詰め込まれた囲いの中で感染は瞬く間に広がる。そして、抗生物質の使用による耐性菌の増大は、感染症との戦いをさらに困難なものにする。現在多くの家畜農場では、抗生物質をえさに混ぜて家畜に定期的に与えて感染を防いでいる。だが、このような抗生物質の乱用は、危険な薬剤耐性を持った強力な病原体の出現を助長し、動物と人間のどちらにとっても危険な状況をつくり出す。(カレシュ、クック)

CFR Backgrounder
薬剤耐性という大いなる脅威
―― 医療の現場で何が起きているか

2018年6月号 クレア・フェルター www.cfr.orgのライター

その誕生から1世紀足らずの抗生物質は、いまや実存的危機に直面している。人間と動物の双方に対して多用され続けた結果、細菌を撃退する抗生物質の効果は弱くなり続けている。しかも、WHOの2015年の調査では、データ提出に応じた133カ国のうち半数以上で、抗菌剤が処方箋なしで購入できることが判明している。一部の国では、抗生物質が「頭痛、疲労、さらには出産から本当の細菌感染に至るまでのありとあらゆる症状と疾患」の治療に投与され続けている一方で、新たな抗生物質の研究開発ペースが鈍化しているために、世界は「ありふれた感染症さえ治療できない」危険な時代に直面する危機に瀕している。世界における抗生物質への薬剤耐性をもつ細菌による感染症の死亡者数は、年間少なくとも70万人と推定され、2050年までにはその数は数百万人に達する恐れがある。アナリストの一部は、多くの抗生物質への耐性をもつスーパーバグを封じ込めなければ、世界は「ポスト抗生物質時代」に向かい、2050年までに最大で累計1000万人が死亡する危険があると指摘している。

グローバル化するオピオイドの脅威
――― 危険な薬剤のグローバル化がなぜ起きているか

2018年6月号 キース・ハンフリーズ スタンフォード大学教授(精神医学)、ジョナサン・P・コールキンス カーネギーメロン大学教授(公共政策)、バンダ・フェルバブ=ブラウン ブルッキングズ研究所シニアフェロー

ケシを原料とするオピオイド鎮痛剤は、長年、手術後の痛みの緩和、末期ガン患者に安らぎを与えるために利用されてきた。しかし、慢性的な痛みを抑えるために長期的に処方されると、問題を引きおこす。依存リスクを高めるとともに、耐性が形成されるために、初期と同じ効果を求めて服用量が増える。オピオイドが非常に危険なのは、致死量と通常の摂取量の間に僅かな違いしかないことだ。2000―16年にオピオイドの過剰摂取によって死亡したアメリカ人の数は、第一次世界大戦と第二次世界大戦のアメリカ人犠牲者の合計を上回っている。一方、製薬企業は、大きな批判にさらされているアメリカとカナダ市場から離れ、潜在的市場をアジアやヨーロッパに定め、マーケティングを展開しており、いまやオピオイド危機がクローバル化する恐れがある。

人畜共通感染症の脅威
――鳥インフルエンザからBSE、エボラ出血熱まで

2005年12月号 ウイリアム・B・カレシュ 野生動物保護学会獣医学プログラム ディレクター、ロバート・A・クック 野生動物保護学会副会長

現代医学によって明らかになっている1415の感染症の60%以上が動物と人間双方への感染力を持っている。鳥インフルエンザ、重症急性呼吸器症候群(SARS)、エボラ出血熱、牛海綿状脳症(BSE、いわゆる狂牛病)などを含むこれらの人畜共通感染症のほとんどは、本来動物の病気であったものが生物種の壁を越えて人間に感染するようになったものだ。また、注目される機会はより少ないが、人間に一般的に見られるヘルペス、結核、はしかは動物にも感染する。病気は生物種や学問領域の垣根を越えて発生するという真実を認識し、それに応じた対応メカニズムを構築しない限り、人類は存亡の危機に立たされることになる。

2018年6月号

Current Issues

Focal Points アーカイブ

Focal Points

過去のトップページ特集

Focal Points アーカイブ

最新のSubscribers' Only公開論文

論文データベース

本誌最新号紹介

2018年6月号(2018年6月10日発売)

Contents

  • 欧米経済の衰退と民主的世紀の終わり
    ―― 拡大する「権威主義的民主主義」の富とパワー

    ヤシャ・モンク 、ロベルト・ステファン・フォア

  • 習近平革命の本質と衝撃
    ―― 外交と内政の垣根を取り払った権威主義国家

    エリザベス・エコノミー

  • 権威主義国家の中国的特質
    ―― 中国流政治改革の教訓は何か

    ユェン・ユェン・アン

  • 北東アジアの地政学と北朝鮮問題
    ―― 米朝二国間ゲームと多国間ゲームの間

    マイケル・グリーン

  • 米朝間の立場の違いと韓国の立場
    ―― 非核化に向けた今後の課題

    文正仁

  • グローバル金融を蝕むタックスヘイブン
    ―― 犯罪と格差の象徴を粉砕するには

    ニコラス・シャクソン

  • 次期サウジ国王の野望と夢
    ―― 壮大な社会・経済改革の行方

    F・グレゴリー・ゴースIII

  • グローバル化するオピオイドの脅威
    ―― 危険な薬剤のグローバル化がなぜ起きているか

    キース・ハンフリーズ 、ジョナサン・P・コールキンス、 バンダ・フェルバブ=ブラウン

他全10本掲載

Page Top