2019.1.24. Thu

<2019年2月号プレビュー>
リベラルな秩序・第4幕へ向けて、民主主義を救うには、ほか

冷戦後、しばらくすると、欧米社会の多くの人が、秩序は自分にプラスに作用していないと反発するようになった。そこにトランプが登場する。それでも、ウィルソンからFDR・トルーマン、そしてブッシュ・クリントンに受け継がれてきたリベラルな秩序は動いている。重要なのは、支配的影響力をもつ世界の大国が、勝利を目指すのではなく、世界を主導することに向けて誠実にコミットすることだ。(ローズ)

中国にはアキレス腱がある。それは、中国が支配的な国家になれば、他の諸国にも恩恵がもたらされるという互恵的なグローバルなビジョンを示していないことだ。それだけに、他国も恩恵を得られる形で世界をリードしてきたアメリカが、自国第一主義に固執し、この包含的アプローチを捨て去るのは間違っている。(マストロ)

偽物を見破ることが難しいレベルにデジタル加工された音声や動画を意味する「ディープフェイク」の登場によって、自分が言ったことも、したこともないことを、そのようにみせかけることができる。改ざんされた音声や動画が、本物と見分けがつかずに、十分な説得力をもっていれば、そして、それが社会的・政治的にそして国際関係に悪用されればどうなるだろうか。・・・(チェズニー、シトロン)

リベラルな秩序・第4幕へ向けて
―― アメリカと国際主義の伝統

2019年2月号 ギデオン・ローズ フォーリン・アフェアーズ誌編集長

冷戦後、しばらくすると、欧米社会の多くの人が、秩序は自分にプラスに作用していないと反発し、「私腹を肥やすことに熱心なだけで、機能不全に陥っているエスタブリッシュメント」に舵取りを委ねる理由はないと考えるようになった。そこに協調よりも競争を、自由貿易よりも保護主義を、民主主義よりも権威主義を好ましいと考えるトランプが登場する。それでも、ウィルソンからFDR・トルーマン、そしてブッシュ・クリントンに受け継がれてきたリベラルな秩序は動いている。「自発的で、ルールに支配される国際協調が相互利益をもたらす可能性」についての認識は依然として存在する。秩序の第4局面を切り開くのは容易ではないが、そうできるし、問われているものが非常に大きいだけに、そうしなければならない。重要なのは、支配的影響力をもつ世界の大国が、勝利を目指すのではなく、世界を主導することに向けて誠実にコミットすることだ。

中国的世界ビジョンの盲点
―― グローバルな野心の正体

2019年2月号 オリアナ・スカイラー・マストロ ジョージタウン大学助教(安全保障研究)

北京はワシントンに代わって国際システムの頂点に立ちたいとは考えていないし、国際機関をリードしたり、中国の統治システムを世界に広めたりすることにも関心をもっていない。だが、インド太平洋地域からアメリカを締め出そうとしており、その帰結は、中国がアメリカに取って代わろうと試みた場合同様に深刻だ。カネをばらまけばアジア諸国を取り込めるし、国有企業はスパイ活動から北京が得た機密情報も利用できる。しかし中国にはアキレス腱がある。それは、中国が支配的な国家になれば、他の諸国にも恩恵がもたらされるという互恵的なグローバルなビジョンを示していないことだ。それだけに、他国も恩恵を得られる形で世界をリードしてきたアメリカが、自国第一主義に固執し、この包含的アプローチを捨て去るのは間違っている。

「ディープフェイク」とポスト真実の時代
―― 偽情報に対処する方法はあるのか

2019年2月号 ロバート・チェズニー テキサス大学オースティン校 国際安全保障・法センター所長、ダニエル・シトロン メリーランド大学教授(法学)

民主社会は不快な真実を受け入れなくてはならない。ディープフェイクの脅威を克服するには、嘘と付き合う方法を学ぶ必要があるからだ。非常にリアルな出来栄えで、偽物を見破ることが難しいレベルにデジタル加工された音声や動画を意味する「ディープフェイク」の登場によって、自分が言ったことも、したこともないことを、そのようにみせかけることができる。改ざんされた音声や動画が、本物と見分けがつかずに、十分な説得力をもっていれば、そして、それが社会的・政治的にそして国際関係に悪用されればどうなるだろうか。十分な対策は存在しない。人々がプライベートなフィルターバブルに引きこもり、自分の考えに合うものだけを事実とみなす世界に転落しないようにしなければならない。民主社会はレジリエンス(打たれ強さと復元力)を身に付けるしかない状況へ向かっている。

関連論文のご紹介

Current Issues

Focal Points アーカイブ

Focal Points

過去のトップページ特集

Focal Points アーカイブ

最新のSubscribers' Only公開論文

論文データベース

本誌最新号紹介

2019年2月号(2019年2月10日発売)

Contents

  • リベラルな秩序・第4幕へ向けて
    ―― アメリカと国際主義の伝統

    ギデオン・ローズ

  • 民主主義を救うには
    ―― 歪んだ米経済システムの是正と外交の再生を

    エリザベス・ウォーレン

  • 形骸化した抑止力
    ―― 多様化する攻撃の領域と能力

    アンドリュー・クレピネビッチ

  • 自由貿易のパラドックス
    ―― 政治学と経済学の衝突

    アラン・ブラインダー

  • 「ディープフェイク」とポスト真実の時代
    ―― 偽情報に対処する方法はあるのか

    ロバート・チェズニー

  • 中国的世界ビジョンの盲点
    ―― グローバルな野心の正体

    オリアナ・スカイラー・マストロ

  • 北京の宗教政策の意図
    ―― 宗教・政治・社会のハイブリッドイデオロギー

    イアン・ジョンソン

  • 中東地政学とイスラムのソフトパワー
    ―― 「政治・外交」に取り込まれた宗教

    ピーター・マンダヴィ

他全8本掲載

Page Top