2019.4.26 Fri

<2019年5月号プレビュー>
新「ドイツ問題」とヨーロッパの分裂、今回ばかりは違う、ほか

ドイツ問題を封じ込めてきたこれら戦後秩序の要因が、いまやすべて曖昧化している。ナショナリズムが台頭し、民主主義は逆風にさらされている。国際的な自由貿易体制は攻撃され、アメリカのヨーロッパへの安全保障コミットメントも疑問視されている。ヨーロッパそしてドイツの歴史からみて、このように変化する環境が、ドイツ人を含むヨーロッパ人の行動パターンを変えないと言い切れるだろうか。(ケーガン)

米外交のエリートたちは、感情的で幼児並みの知性しか示さない人物が大統領に就任する事態への準備はできていなかった。アメリカというジェンガータワーはまだ崩れずに建っているが、ブロックをいくつか抜けば、ぐらつきは肉眼でも分かるようになる。次期大統領が表面的取り繕いを超えた抜本的修復策をとるべき理由はここにある。しかし、今回ばかりは、本当に終わりかもしれない。(ドレズナー)

「社会を機能させている絆と責務」は、グローバルレベルでも、ローカルレベルでも存在する。外国人との交流は、新しい可能性をもたらしてくれるし、われわれも彼らに新たな機会を与える。グローバル市民というメタファーを理解するには、「見知らぬ人への懸念と好奇心」をともにもつことが重要だ。それは何かを共有することだ。与えるものを何ももっていなければ、何かを他者と共有することもできない。(アッピア)

新「ドイツ問題」とヨーロッパの分裂
―― 旧ドイツ問題を封じ込めた秩序の解体

2019年5月号 ロバート・ケーガン ブルッキングス研究所 シニアフェロー

アメリカの安全保障コミットメント、国際的な自由貿易体制、民主化への流れ、ナショナリズムの封じ込めというリベラルな戦後秩序の四つの要因によって、ドイツ問題は地中深くに葬り去られた。問題は、ドイツ問題を封じ込めてきたこれら戦後秩序の要因が、いまやすべて曖昧化していることだ。ヨーロッパ全域でナショナリズムが台頭し、民主主義はあらゆる地域で逆風にさらされている。国際的な自由貿易体制もトランプ政権に攻撃され、アメリカのヨーロッパへの安全保障コミットメントもいまや疑問視されている。ヨーロッパそしてドイツの歴史からみて、このように変化する環境が、ドイツ人を含むヨーロッパ人の行動パターンを変えないと言い切れるだろうか。アメリカと世界が現在のコースを歩み続ければ、穏やかな時代があとどれくらい持ち堪えられるのかについて、考えざるを得なくなるはずだ。

今回ばかりは違う
―― 米外交の復活はあり得ない

2019年5月号 ダニエル・W・ドレズナー フレッチャー法律外交大学院 教授(国際政治)

政治的二極化が常態化するにつれて、米議員たちは外交政策のことを次の選挙のためのオモチャとしかみなさなくなり、外交エリートたちは、大統領のことを部屋に残された「最後の大人」とみなし、大統領の外交権限肥大化を問題にしなかった。しかし、感情的で幼児並みの知性レベルしか示さない人物が大統領に就任する事態への準備はできていなかった。アメリカというジェンガータワーは辛うじて崩れずに建っているが、ブロックをあといくつか抜けば、ぐらつきは肉眼でもはっきりと分かるようになる。次期大統領が表面的取り繕いを超えた抜本的修復策をとるべき理由はここにある。指導者が正しいことを為すための政治的意思を示すように求めるべきタイミングでもある。しかし、今回ばかりは、本当に終わりかもしれない。

異質な他者に如何に接するか
―― 近くと遠くをともに重視する

2019年5月号 クワメ・アンソニー・アッピア ニューヨーク大学教授(哲学・法律)

「今日、権力ポストにある人の多くは、近くで暮らす人々、・・・道を行く人よりも国際エリートたちとより多くを共有している。だが、自分が世界市民であると認識すれば、いかなる国の市民でもなくなる」。このテリーザ・メイ英首相の発言は間違っている。「われわれの社会を機能させている絆と責務」は、グローバルレベルでも、ローカルレベルでも存在する。外国人との交流は、相手がわれわれと違うだけに、新しい可能性をもたらしてくれるし、われわれも彼らに新たな機会を与えることになる。グローバル市民というメタファーを理解するには、「見知らぬ人への懸念と好奇心」をともにもつことが重要だ。それは何かを共有することだ。与えるものを何ももっていなければ、何かを他者と共有することもできない。

関連論文のご紹介

Current Issues

Focal Points アーカイブ

Focal Points

過去のトップページ特集

Focal Points アーカイブ

最新のSubscribers' Only公開論文

論文データベース

本誌最新号紹介

2019年5月号(2019年5月10日発売)

Contents

  • 新「ドイツ問題」とヨーロッパの分裂
    ―― 旧ドイツ問題を封じ込めた秩序の解体

    ロバート・ケーガン

  • 今回ばかりは違う
    ―― 米外交の復活はあり得ない

    ダニエル・W・ドレズナー

  • 対中強硬策に転じたヨーロッパ
    ―― アメリカとの対中共闘路線は実現するか

    アンドリュー・スモール

  • ブレクジットプロセスの破綻
    ―― 北アイルランドというジレンマ

    ブレンダン・オリリー

  • 米外交の再生に向けて
    ―― 21世紀の課題に備えるには

    ウィリアム・バーンズ

  • 異質な他者に如何に接するか
    ―― 近くと遠くをともに重視する

    クワメ・アンソニー・アッピア

  • 大気中から二酸化炭素を吸収する
    ―― ネガティブエミッション技術のポテンシャル

    フレッド・クルップ、フレッド・クルップ、エリック・プーリー

  • 習近平モデルの成功と弊害
    ―― 成功が重荷と化すとき

    エリザベス・エコノミー

他全11本掲載

Page Top