Chris Redan / Shutterstock.com

2019.4.22 Mon

巨大債務と対外融資で苦しむ中国経済
―― 債務危機かそれとも政治的混乱か

人口の高齢化、生産年齢人口の減少など、中国経済のスローダウンを説明する要因は数多くある。だが重要なのは、中国の家計と国の債務がすでに先進諸国と同じレベルに達し、債務が名目GDPよりも速いペースで拡大していることだ。2019年1月の信用拡大は、2018年の年間社会融資総量合計の24%規模に達した。北京は高い経済成長率のためなら、進んでより大きな債務を抱え込むつもりのようだ。(ボールディング)

中国はグローバルな開発金融部門で支配的な地位をすでに確立している。だがこれは、欧米の開発融資機関が、厳格な安全基準の受け入れを相手国に求める一方で、中国が外交的影響力を拡大しようと、その間隙を縫って開発融資を増大させた結果に過ぎない。すでに一帯一路構想に基づく最大規模の融資の受け手であるアジア諸国の多くは、戦略的にインド、日本、アメリカと再び手を組む路線へシフトしつつある。(バタイネほか)

(中国経済において)もっともリスクが高いのは地方政府そして国有企業が抱え込んでいる膨大な債務だ。不動産市場の停滞で、地方政府が土地をツールとして債務不履行を先送りすることもできなくなる。経済成長の鈍化で、国有企業が債務まみれでオペレーションを続けるわけにもいかない。中国が債務問題を克服できなければ、中国経済に壊滅的な打撃を与える危機が起きるのは避けられなくなる。(チェン)

中国経済のスローダウンと北京の選択
―― 債務危機かそれとも政治的混乱か

2019年4月号 クリストファー・ボールディング フルブライト大学 ベトナム校准教授

中国の経済成長率は鈍化し続けている。人口の高齢化、生産年齢人口の減少、賃金レベルの上昇、都市部への人口流入ペースの停滞、投資主導型成長の限界、外国資金流入の低下など、成長率の鈍化、経済のスローダウンを説明する要因は数多くある。だが重要なのは、中国の家計と国の債務がすでに先進諸国と同じレベルに達し、債務が名目GDPよりも速いペースで拡大していることだ。債務の急速な拡大が危険であることを理解していたのか、北京は信用拡大を抑えて管理するための措置を2018年末にとったが、2019年1月の信用拡大は、2018年の年間社会融資総量合計の24%規模に達した。北京は高い経済成長率のためなら、進んでより大きな債務を抱え込むつもりのようだ。

一帯一路戦略の挫折
―― 拡大する融資と影響力の不均衡

2018年7月号 ブッシュラ・バタイネ スタンフォード大学博士候補生、マイケル・ベノン 同大学グローバルプロジェクトセンター マネージング・ディレクター、フランシス・フクヤマ 同大学シニアフェロー

中国はグローバルな開発金融部門で支配的な地位をすでに確立している。だがこれは、欧米の開発融資機関が、融資を基に進められるプロジェクトが経済・社会・環境に与えるダメージについての厳格な安全基準の受け入れを相手国に求める一方で、中国が外交的影響力を拡大しようと、その間隙を縫って開発融資を増大させた結果に過ぎない。しかも、中国が融資したプロジェクトの多くは、まともな結果を残せてない。すでに一帯一路構想に基づく最大規模の融資の受け手であるアジア諸国の多くは、戦略的にインド、日本、アメリカと再び手を組む路線へシフトしつつある。・・・

このままでは中国経済は債務に押し潰される
―― 地方政府と国有企業の巨大債務

2015年5月号 シブ・チェン イェール大学教授(金融論)

これまで中国政府は、主要銀行の不良債権が経済に悪影響を与えないようにベイルアウト(救済融資)や簿外債務化を試み、一方、地方の銀行については、地方政府が調停する「合意」で債務危機を抑え込んできた。だが、もっともリスクが高いのは地方政府そして国有企業が抱え込んでいる膨大な債務だ。不動産市場が停滞するにつれて、地方政府がデフォルトを避けるために土地をツールとして債務不履行を先送りすることもできなくなる。経済成長が鈍化している以上、国有企業がこれまでのように債務まみれでオペレーションを続けるわけにもいかない。しかも、債務の返済に苦しむ借り手は今後ますます増えていく。中国が債務問題を克服できなければ、今後の道のりは2008年当時以上に険しいものになり、中国経済に壊滅的な打撃を与える危機が起きるのは避けられなくなる。

関連論文のご紹介

Current Issues

Focal Points アーカイブ

Focal Points

過去のトップページ特集

Focal Points アーカイブ

最新のSubscribers' Only公開論文

論文データベース

本誌最新号紹介

2019年5月号(2019年5月10日発売)

Contents

  • 新「ドイツ問題」とヨーロッパの分裂
    ―― 旧ドイツ問題を封じ込めた秩序の解体

    ロバート・ケーガン

  • 今回ばかりは違う
    ―― 米外交の復活はあり得ない

    ダニエル・W・ドレズナー

  • 対中強硬策に転じたヨーロッパ
    ―― アメリカとの対中共闘路線は実現するか

    アンドリュー・スモール

  • ブレクジットプロセスの破綻
    ―― 北アイルランドというジレンマ

    ブレンダン・オリリー

  • 米外交の再生に向けて
    ―― 21世紀の課題に備えるには

    ウィリアム・バーンズ

  • 異質な他者に如何に接するか
    ―― 近くと遠くをともに重視する

    クワメ・アンソニー・アッピア

  • 大気中から二酸化炭素を吸収する
    ―― ネガティブエミッション技術のポテンシャル

    フレッド・クルップ、フレッド・クルップ、エリック・プーリー

  • 習近平モデルの成功と弊害
    ―― 成功が重荷と化すとき

    エリザベス・エコノミー

他全11本掲載

Page Top