Ben Gingell / Shutterstock.com

皇太子率いる全体主義国家の誕生
―― もはやかつてのサウジにあらず

マダウィ・アル=ラシード ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス 客員教授

Why the U.S. Can’t Control MBS
Reining in the Rogue Prince

Madawi al-Rasheed サウジアラビアの社会人類学者で、現在は、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス中東センターの客員教授。

2018年12月号掲載論文

サルマン国王は王族間のコンセンサスを重視する伝統的な統治モデルを一掃し、息子であるムハンマド・ビン・サルマン(MBS)を皇太子として王国のトップポジションに据える道筋を作った。MBSは副首相、国防相、経済開発評議会議長、政治安全保障委員会議長を兼務し、サウジのソフトパワーツールも管理している。忠誠委員会は、そのメンバーたちが2017年のいわゆる反政治腐敗弾圧によって拘束された後、解体された。皇太子は王族会議も解散し、宗教エスタブリッシュメントを周辺化しただけでなく、批判派と金融エリートも拘束した。サウジの君主制はいまや1人が絶対的権力をもつ全体主義体制へ変化している。完全な服従と皇太子への忠誠を求めるサウジの新全体主義の環境のなかで、カショギ殺害事件は起きた。・・・

  • 変化したサウジの統治システム
  • 権威主義路線の強化
  • 国王と大統領
  • ならず者の皇太子

<変化したサウジの統治システム>

2018年10月、ジャーナリスト、ジャマル・カショギがイスタンブールのサウジアラビア領事館で殺害された事件は、サウジ政府の世界におけるイメージと信頼性を大きく失墜させた。これまでリヤドとの緊密な関係を大切にし、サウジ国内での抑圧を公然と批判するのを控えてきたフランス、ドイツ、イギリスなどのパートナー国も、今回の事件後には声明を発表し、誠実で明確な調査をすることを求めた。

反体制派や政府を批判する人物が拘束されたり、殺害されたりするのは、サウジでは目新しいことではない。だが、カショギ殺害事件はますます権威主義的になりつつあるサウジ体制の行き過ぎにスポットライトを当てた。これまでサウジの支配者の権力は、少なくとも、数人の王子たちが政府の有力な省庁や機関を管理する権力分有システムによって部分的に枠にはめられてきた。しかし、2015年に権力者となったサルマン国王はこのモデルを一掃し、息子であるムハンマド・ビン・サルマン(MBS)を皇太子として王国のトップポジションに据えた。いまやサウジの君主制は王族間のコンセンサスを基盤とする支配から特定の個人が絶対的権力をもつシステムへ変化している。

カショギの殺人は、そうした権力が極端にひどい形で行使されたことを物語っている。この事件はサウジの同盟国やパートナー、特にアメリカに対して深刻な課題を新たに突きつけている。王族の他のメンバーとサウジの大衆が完全に周辺化されている以上、MBSを牽制できる影響力をもっているアクターはいまやワシントンだけだ。

そうするつもりなら、トランプ米大統領はアメリカのサウジ外交を根底から見直す必要がある。だが、トランプ政権がカショギ暗殺事件から距離を置く立場をとっていることを考えれば、ホワイトハウスがそうした見直しに着手する可能性はそれほどない。(訳注―米財務省は、カショギ氏殺害事件に関与したとして、MBSの側近を含む17人を制裁対象に指定したが、これに皇太子は含まれていない。その後、米中央情報局(CIA)が殺人は皇太子の命令だったと断定したと伝える報道もあったが、ホワイトハウスは明確な対応を示していない。米ブルームバーグは、トランプ大統領がFOXニュースとの11月16日のインタビューで『アメリカは皇太子の関与について決して知ることはできないだろう』と述べたと伝えている)。

 

<権威主義路線の強化> 

現在のサウジ危機の中枢は王位継承問題にある。これまでサウジの体制は、王子たちがそれぞれに有力な省庁のトップを務めることで形作られる、複数の権力基盤によって構成されてきた。君主は国家元首であるとともに、自らが率いる王族の指導者だった。王子たちの間で対立を引き起こすことも多かったとはいえ、このアレンジメントが、全般的には国王の権限を牽制し、大きな問題については兄弟たちと協議せざるを得ない枠組みを提供してきた。この意味において、国王は同輩中の首席に過ぎず、サウド家の異なる派閥間には一定のバランスが存在した。

アブドラ国王(1924―2015年)は、このアレンジメントでこの国を統治した最後の君主となった。歴代の国王たち同様に、彼は自分の兄弟たちを軽く見たり、彼らの意思に反する行動をとったりすれば、王国をうまく統治できないことを理解していた。

奇妙な偶然だが、アブドラ国王は2人の皇太子がともに死亡するという経験をした初めての国王となった。2011年に異母兄弟のスルタン皇太子を、2012年に兄弟のナエフ皇太子を亡くしている。2人の皇太子はともに病を患っていたために、アブドラ国王は権力の空白が生じるのを避けるために、副皇太子という新しいポジションを用意し、これに異母兄弟であるサルマン王子を任命した。

こうして、アブドラが2015年にこの世を去ると、サルマンが王位を継承した。2007年に、アブドラ国王は、自分や皇太子が死亡した場合の王位継承を管理する35名の高齢の王子とその子息で構成される忠誠委員会も組織していた。

君主に即位して以降、サルマン国王は王族がそれまで大切にしてきた権力分有のアレンジメントを揺るがす行動をとり始めた。彼がそうできたのは、王族内の世代構成に依るところが大きかった。

すでに国王に即位するまでに、サルマンの兄弟のほとんどは死亡していたために、彼は、まだ生存し、王位を継承できる立場にあった兄弟、そして年上の従兄弟も傍流へ追いやった。唯一残された国王の兄弟、アハマド王子しか皇太子の選択肢はなかったが、彼には、有力省庁を長期的に率いた経験がなく、周辺的な存在だったために、サルマン国王は、自分の子どもを皇太子にしたいと強く望むようになる。国王は、結局、アハマド王子も無視することにした。

国王に就任して数カ月もすると、サルマン国王は(アブドラ国王が副皇太子に任命し、サルマンの即位とともに皇太子、副首相となった)ムクリンを解任し、2017年には(ムクリンの後継を担った)ムハンマド・ビン・ナエフも皇太子ポストから外し、(息子のMBSを皇太子に昇格させ)副皇太子を指名しなかった。皇太子を任命する際にも、忠誠委員会を無視した。こうした措置のすべては、彼の息子に権力ポストを準備するためだった。

若くして、MBSほど数多くの要職を務めている王子はいない。皇太子になっただけでなく、彼は副首相、国防相、経済開発評議会議長、政治安全保障委員会議長を兼務している。国有石油・天然ガス企業のサウジアラムコのトップも務めた。さらに、新設の娯楽委員会(Entertainment Commission)など、サウジのソフトパワーツールも管理している。その結果、サウジは、あらゆる国家権限が1人に集中する全体主義体制へ実質的に変化していった。

MBSは、サウジの大衆や王族が政策に影響力を与えるための数少ないチャンネルも閉ざしている。忠誠委員会は、そのメンバーたちが2017年のいわゆる反政治腐敗弾圧によって拘束された後、実質的に解体された。皇太子は王族会議(royal assembly)も解散し、宗教エスタブリッシュメントを周辺化しただけでなく、批判派と金融エリートを拘束している。

皇太子は、民衆が政策を批判することを認めず、議論する機会さえ与えることなく、トップダウンで決めている。例えば、女性が車を運転することの禁令の解除、ポップカルチャーや娯楽の推進なども独断で決めている。これらは中身のある改革にみせかけた上辺の取り繕いで、これらを政治改革への代替措置としている。抑圧の強化、特に批判の封じ込め、公共空間での議論を抑圧している現状に民衆が目を向けぬようにするための措置でもある。王族メンバーでさえも権利を剥奪されている。完全な服従と皇太子への忠誠を求めるサウジの全体主義的な環境のなかで、カショギ殺害事件は起きた。

 

<国王と大統領> 

国内にMBSを抑える力をもつ者がいない以上、外からの牽制が必要であり、そうした圧力を行使できるのはアメリカだけだ。アメリカはサウジに安全保障を提供しているだけでなく、欧米諸国のなかでは、最大規模の兵器をこの国に売却している。

ワシントンでも、サウジは依然として戦略的パートナーとみなされている(但し、米市民やメディアは次第に厄介なパートナーとみなしつつある)。テロとの戦いにおける重要なパートナー、イスラエル・パレスチナ紛争におけるプレイヤー、中東におけるイランの影響力拡大を牽制できるパワーと考えられている。

しかし、残念なことに、アメリカとサウジの関係は外交的規範ではなく、指導者間の個人的関係に全面的に依存している。こうした関係が、皇太子に対する効果的な政策の遂行を妨げている。

米大統領とサウジ国王の緊密な個人的関係は、ルーズベルト大統領とイブン・サウド国王が、スエズ運河に停泊した米巡洋艦クインシーの艦上で会談した1945年に遡ることができる。この会談をきっかけに、米石油企業が1933年以降活動していた王国内に最初の米軍事基地が建設されることになる。石油資源はアメリカとサウジの絆を深め、戦略的要地であるサウジは、当時の米軍のアジアにおける活動にとっても重要だった。こうした共通の利益が、米・サウジ双方の未来の指導者たちが外交を展開する基盤を提供することになった。

この会談以降、アメリカはサウジとの外交を、取引のできる適切な王族メンバーをもつこととほぼ同義にみなすようになった。1983―2005年までその人物とは、サウジの駐米大使を務めていたバンダル・ビン・スルタン王子だった。だが、9・11テロの実行犯の15人がサウジ国籍の人物だったことが発覚し、王国の立場を擁護するのが困難になって以降、スルタンはサウジに呼び戻された。

後任となったトゥルキ・アル=ファイサルやアデル・アル=ジュベイルは、「国王に近く、ワシントンの利益に配慮してくれる」というワシントンが対話の相手として望む条件を満たしていなかった。

トゥルキ王子は、9・11後のアメリカとの関係の緊張を緩和することを目的にワシントンに派遣された。しかし、彼はイスラエル・パレスチナ紛争などの主要な問題へのアメリカの政策にも、オバマ大統領(当時)が2011年の「アラブの春」を前向きに評価したことにも批判的だった。トゥルキ王子は、サウジの国内政治や民主的な欠陥ではなく、イランがサウジと中東地域に最大の脅威を突きつけていると訴えた。緊張は、オマーンでの秘密交渉を経て、2013年に欧米諸国がイランとの核合意を、サウジを介在させずに、締結したことでさらに高まった。

MBSが権力を掌握すると、彼は兄弟であるハリド・ビン・サルマンを新任大使としてワシントンに送り込んだ。兄弟の1人がリヤドで権力を握り、もう1人がトランプそして彼の義理の息子であるジャレッド・クシュナーの聞き役を務めた。このアレンジメントは、二つの主権国家の外交というよりも、家庭問題への対応に似ていた。残念ながら、このあまりに個人的なアレンジメントゆえに、二国間の変化する優先課題と国益を厳格に検証していくワシントンの政策決定者の試みがないがしろにされている。

アメリカとサウジの外交関係は、選挙で選ばれた政府、機能する議会、独立した司法など、君主の絶対的な権力と統治に対するバランスを提供すべき健全な政府機関がサウジに完全に欠落していたために、さらに複雑になっている。ワシントンも、そうした政府機関を設立するように働きかけたことはない。王族が、アメリカがサウジと接触していく唯一のルートであるために、ならず者の王子に説明責任をとらせるためのノーマルな外交チャンネルは存在しない。結局、アメリカはカショギ事件後も、新たに全体主義体制を確立したサウジを、重要な関係における不幸で、困惑を禁じ得ない展開として片付けることを選択するかもしれない。

カショギの殺害が明らかになった時、トランプは「犯罪を批判するか、それともこの事件をサウジの『ならず者勢力』の仕業と示唆することで、MBSのために出口を用意しようと試みるか」の間で揺れ動いた。

しかし、1人の人間に権力が集中している全体主義体制の国家では、そうした行動の責任を皇太子以外の誰かがもっているとは考えられない。トランプの声明は、サウジの権力と指揮命令系統を検証するメカニズムが存在しないことを明らかにしている。彼にとって、アメリカとサウジのパートナーシップがもたらすメリットゆえに、関係を再検証することは考えられないのだろう。

 

<ならず者の皇太子> 

今後、サウジ民衆は、自国の政治への関わりを再び確保してくれるルートを探す必要がある。MBSが権力を確立し、宗教、金融、王族のエリートたちが沈黙を守るなか、サウジはいまや恐怖で覆われている。カショギ殺害事件を前に、サウジの民衆は、「絶対的な権力確立のためにリヤドは一体どこまでやるつもりなのか」という点に関心をもち、危険な皇太子を牽制するためにグローバルコミュニティが役割を果たすことを期待している。

ワシントンは、MBSへの支援に「自由と法の支配の実現」という条件をつけることもできる。これでも、権力の確立に余念がなく、国際社会への敬意をもたず、特にトルコの外交的信頼を踏みにじってしまった若い皇太子を牽制する助けにはなる。

しかし、カショギ事件をアメリカが日常的に処理してしまえば、われわれが目にする忌まわしい行動が繰り返されることになる。無関心な対応はアメリカの明らかなメッセージと受け止められ、若い皇太子は殺人の罪を問われずに済むことになる。●

(C) Copyright 2018 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top