Frontpage / Shutterstock.com

ナイル川の水争奪戦と中東地政学
―― 地域を超えた重層的課題にどう対処するか

マイケル・ワヒッド・ハンナ センチュリー財団 シニアフェロー
ダニエル・ベナイム アメリカ進歩センター シニアフェロー

Water Wars on the Nile:
How Water Scarcity and Middle Eastern Influence Are Reshaping Northeast Africa

Michael Wahid Hanna
センチュリー財団 シニアフェロー、ニューヨーク大学ロースクール ロー&セキュリティセンター 非常勤シニアフェロー
Daniel Benaim
アメリカ進歩センター シニアフェロー、ニューヨーク大学 客員助教授

2018年10月号掲載論文

グランド・エチオピア・ルネサンス・ダムは多層的な課題を抱えている。ダムが完成すればエチオピアは近隣諸国に相当規模の電力を輸出できる電力生産ができるようになる。隣国スーダンも、ダムが自国の農業に恩恵をもたらすことを期待している。一方、水資源に乏しいエジプトは、上流でのダム稼働によって深刻な事態に直面する恐れがある。しかも、中東での影響力の確立を求めて競い合うトルコ、カタール、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)はアフリカ北東部に陸海軍の基地を確保し、耕作可能な土地を手に入れているだけでなく、ライバルに圧力をかけようと現地で傀儡勢力を育成しているようだ。このハイブリッド化した多層的な課題に取り組んでいくには、縦割りの官僚組織に囚われず、問題を横断的に捉える必要がある。地域問題、政治・軍事問題の専門家だけでなく、水文学や工学の専門家の知識も動員しなければならない。

  • ダムの政治学、中東の地政学
  • それぞれの立場
  • 中東諸国の介入
  • 欧米の役割
  • 複合的問題への横断的対応

(C) Copyright 2018 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top