Nadja1 / Shutterstock.com

CFR Events 世界エネルギーアウトルック
―― 米は石油・天然ガスのリーダーに、
中国はクリーンエネルギーの覇者に

ファティ・ビロル 国際エネルギー機関(IEA) 事務局長

World Energy Outlook

Fatih Birol 国際エネルギー機関(IEA)事務局長。世界有数のエネルギー市場分析者として知られる。『ワールド・エネルギー・アウトルック』編集責任者、「IEAエネルギービジネス評議会」の責任者も兼務している。石油輸出国機構(OPEC)事務局で6年間勤務した経験がある。

2018年3月号掲載論文

アメリカのLNG輸出が市場をより柔軟なものへ変化させている。これが、天然ガスの価格、(仕向地制限条項を含む)契約にいたるまでのさまざまな領域で大きな意味合いをもつことになる。今後天然ガスを石油のように取引できる方向に流れは向かっている。多くの国が浮体式の再ガス化設備を作っている。

ガソリンの消費は間違いなく低下していくだろう。電気自動車が普及するだけでなく、車の燃費もさらによくなっていく。しかし一方で、トラック産業、ジェット航空機産業、そして石油化学産業が石油需要を引き上げていく。これら三つの産業の燃料や原材料を石油以外の何かで代替していくのは非常に難しい。

中国は、重工業、石炭型経済から、ゆっくりとだが、それでも着実に、クリーンエネルギーの先進国へと姿を変えつつある。ソーラー、風力、水力、原子力発電、エネルギーの利用効率、電気自動車などの領域で中国はすでに世界の最先端を走っている。

  • 天然ガス貿易は大きく変化する
  • 石油の時代は続く
  • テクノロジーとエネルギー消費
  • エネルギー市場に果たす中国の役割
  • 世界の需要を牽引するインド

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

(C) COPYRIGHT 2018 FEDERAL NEWS SERVICE, INC., 1000 VERMONT AVE. NW; 5TH FLOOR; WASHINGTON, DC - 20005, USA. ALL RIGHTS RESERVED.

Page Top