Photo/www.kremlin.ru

関係修復へと動いたロシアとサウジの思惑
―― 中東の影響力をめぐる攻防

アンナ・ボーシェフスカヤ ワシントン近東政策研究所 フェロー

Will Russian-Saudi Relations Continue to Improve?

Anna Borshchevskaya ワシントン近東政策研究所 フェロー

2017年12月号掲載論文

1932年の王国誕生以降、サウジアラビアとソビエト・ロシアは、中東におけるほぼすべての戦争や対立をめぐってことごとく別の立場をとってきた。しかし、2000年5月にロシアの権力者となったプーチンは、米サウジ関係の緊張をうまく利用しようと、2007年にリヤドを訪問した。プーチンはリヤドとの経済関係を強化し、アメリカと中東同盟国の関係に楔を打ち込みたいと考えている。停滞するロシア経済が外国投資を必要としていることも理解している。一方サウジは、「経済的インセンティブを与えることで、ロシアがイランに距離を置くように仕向けられる」と考え、シリア問題をめぐっても、ロシアとの関係を通じて一定の機会を確保したいと考えている。今後の展開は予断を許さないが、少なくとも、プーチンはサウジの国王や皇太子以上に多くのカードをもっている。

  • 予想外のカップル
  • 相互不信の歴史
  • 錯綜する両国の利害

(C) Copyright 2017 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top