Guillaume Destombes / Shutterstock.com

トランプとヨーロッパと米英関係
――劇場化する米欧関係

デービッド・グッドハート 英ポリシー・エクスチェンジ  人口動態・移民・統合部長

The United Kingdom’s Trump Trap: How Special a Relationship?

David Goodhartイギリスのシンクタンク、ポリシー・エクスチェンジの人口動態学・移民・統合部長。著書にThe Road to Somewhere: The Populist Revolt and the Future of Politicsがある。

2017年11月号掲載論文

現在の米欧間の不和には劇場的な要素がある。すべてのプレイヤーたちが、危機を利用して、みずからのアジェンダや主張を推進しようとしている。ヨーロッパの「自立」を求める勢力は、「トランプの登場によってアメリカを永遠に頼りにできないことが明らかになった」という認識が浮上したことを歓迎している。トランプも、ヨーロッパの反発を、米国内における支持基盤の動員には役に立つと考えている。トランプがポピュリストの愛国主義者のふりをし、ヨーロッパのエリートたちが取り乱したふりをしているのはこのためだ。しかしどちらも実際には、本気で米欧同盟を破壊したいとは、これまでのところ考えていない。

  • ヨーロッパ人のトランプ観
  • テリーザ・メイのジレンマ
  • 劇場化した米欧関係

(C) Copyright 2017 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top