Bruce Rolff / Shutterstock.com

世界戦争の足音
―― 歴史は繰り返すのか

ハル・ブランズ アメリカン・エンタープライズ研究所 シニアフェロー

The Next Global War: How Today’s Regional Conflicts Resemble the Ones That Produced World War II

Hal Brands ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院の特別教授。アメリカン・エンタープライズ研究所のシニアフェロー。The Danger Zone: The Coming Conflict with China(デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突)の共著者。

2024年3月号掲載論文

世界は、1940年代のように、複数の紛争が一つの戦争へ統合されていく局面にあるのかもしれない。東ヨーロッパと中東ではすでに戦争が勃発し、現状を否定するリビジョニズム国家の結びつきがますます強くなっている。この環境で、アジアの係争海域で軍事衝突が起きれば、別の恐ろしいシナリオが浮上する。東アジアでの戦争が他の地域ですでに進行している紛争と重なり合い、ユーラシアの三つの主要地域が一度に大規模な紛争で燃え上がれば、1940年代以来の状況が出現する危険がある。しかも、アメリカはこの課題への準備ができていない。すでにプーチンは、ウクライナと中東における紛争は「ロシアと全世界の運命を決める」一つの大きな闘争の一部だと宣言している。

  • 分水嶺としてのアジアでの軍事衝突
  • 戦争と追憶
  • 歴史は繰り返す?
  • 対応能力はあるのか

(C) Copyright 2024 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top