Phonlamai Photo / Shutterstock.com

AIをいかに戦力に取り込むか
―― 未来の戦力をどう評価する

マイケル・C・ホロウィッツ ペンシルベニア大学教授 ローレン・カーン 外交問題評議会(CFR)リサーチフェロー ローラ・レズニック・サモティン コロンビア大学 ポストドクトラル・リサーチ・スカラー

A Force for the Future: A High-Reward, Low-Risk Approach to AI Military Innovation

Michael C. Horowitz ペンシルベニア大学教授、同大ペリー・ワールド・ハウス所長。米外交問題評議会(CFR)シニアフェロー(国防技術・イノベーション担当) Lauren Kahn 外交問題評議会(CFR)リサーチフェロー(国防イノベーション・新興テクノロジー担当) Laura Resnick Samotin コロンビア大学戦争と平和研究所ポストドクトラル研究員(国家安全保障・情報研究)、アトランティック・カウンシル ニュー・アメリカン・エンゲージメント・イニシアティブシニアフェロー(非常勤)

2022年6月号掲載論文

AIは、いまや防衛技術における進化のすべての中枢に位置し、戦力の配備や戦闘方法にまで影響を与えている。ロシアとウクライナはともにアルゴリズムを使ってソーシャルメディアと戦場から入ってくる膨大なデータを分析し、自国の攻撃にこれらの情報を生かしている。一方、ペンタゴンはAIと自律型兵器システムを含む新技術の重要性を説きつつも、軍事領域での応用ペースは緩慢だ。こうしたアメリカのAI軍事技術開発の遅れは、もっともパワフルな地政学的ライバルである中国の動きとは対照的だ。AI技術を軍事戦略、計画立案、システムに統合することに向けて中国はより積極的な動きをみせ、台湾をめぐる未来の紛争の戦闘スキームにもAIを組み込んでいる。アメリカは現状に満足するのではなく、その軍事力を未来に向けて適応させ、再編していく必要がある。・・・

  • AIの軍事システムへの統合
  • 技術イノベーションと軍事作戦
  • イノベーションリスク
  • 適度に開発を急げ

(C) Copyright 2022 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top