Ajibola Fasola / Shutterstock.com

アフリカのユースバルジは何を引き起こす
―― 不安定化か民主化か

ザカリア・マンピリー  ニューヨーク市立大学  国際関係大学院教授

The Promise of Africa’s “Youth Bulge” Rebellious Young People Aren’t a Threat—They’re the Key to Democratic Reform

Zachariah Mampilly ニューヨーク市立大学国際関係大学院 チェアー

2021年9月号掲載論文

アフリカの統治者たちの年齢の中央値が63歳であるのに対し、アフリカ大陸の人口の中央値は世界でもっとも若く、20歳前後だ。この43歳という(中央値でみた)アフリカ大陸の指導者と民衆の間の極端な年齢差はすでに分析の対象として取り上げられている。分析者の多くは、こうしたギャップが行き場のない緊張を高め、不安定化と社会的暴力を引き起こすのではないかと懸念している。その多くが厳しく弾圧されている最近の抗議デモは、この不吉な予測を裏付けているかにみえる。しかし、反乱を起こしているアフリカの若者については、政治的安定に対する脅威としてではなく、この大陸の民主的な未来の先駆者とみなすべきだろう。若者による抗議デモは、水面下で民主主義の支持基盤を作るための長く骨の折れるタスクに挑んでいるわけで、最終的な政治システム移行への布石を打ちつつある。

  • 高齢指導者と若者
  • 民主的優位
  • 下からの民主主義

(C) Copyright 2021 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top