イノベーション戦争
―― 衰退するアメリカの技術的優位

クリストファー・ダービー 米IQT CEO サラ・セウォール IQT 上席副社長(「政策担当」)

The Innovation Wars
America’s Eroding Technological Advantage

Christopher Darby アメリカの国家安全保障コミュニティのための非営利投資機関であるIQTのCEO。 Sarah Sewall IQTの取締役副社長。米国務次官(2014年から2017年)を務めた。

2021年4月号掲載論文

北京は「戦争という最終手段をとらずに目標を達成するツールとしてテクノロジーのイノベーションに挑んでいる」。5Gの無線インフラを世界各地で販売し、合成生物学に取り組み、小型で高速なマイクロチップの開発を急いでいる。これらはすべて中国のパワーを強化するための試みだ。当然、ワシントンは視野を広げ、超音速飛行、量子コンピューティング、人工知能などの明らかな軍事用途をもつテクノロジーだけでなく、マイクロエレクトロニクスやバイオテクノロジーなど、これまでは本質的に民生用とみなされてきたテクノロジーも支援し、民間部門が投資しない分野に資金を提供する必要もある。

  • 目標達成のツール
  • イノベーションの課題
  • 中国の圧倒的な力
  • 米中イノベーション競争
  • 投資から商業化へ
  • イノベーションへの投資手法
  • 技術イノベーションの再建を

この論文はSubscribers’ Onlyです。


フォーリン・アフェアーズリポート定期購読会員の方のみご覧いただけます。
会員の方は上記からログインしてください。 まだ会員でない方および購読期間が切れて3ヶ月以上経った方はこちらから購読をお申込みください。会員の方で購読期間が切れている方はこちらからご更新をお願いいたします。

なお、Subscribers' Onlyの論文は、クレジットカード決済後にご覧いただけます。リアルタイムでパスワードが発行されますので、論文データベースを直ちに閲覧いただけます。また、同一のアカウントで同時に複数の端末で閲覧することはできません。別の端末からログインがあった場合は、先にログインしていた端末では自動的にログアウトされます。

(C) Copyright 2021 by the Council on Foreign Relations, Inc., and Foreign Affairs, Japan

Page Top